トラベラーズノート!レギュラーとパスポートのサイズを比較してみた

DSC02349
もう2月だというのに、「新しい手帳をほしい」と久しぶりの物欲。「新しい」と書きましたが、これまでに手帳を愛用していたことはなく、スマホにメモるか100円ショップなどに売っているようなメモ帳にささっと殴り書きをする程度。

今まで手帳を愛用していなかった理由のひとつに、月間・週間ダイヤリーに自分の「スケジュールをギッシリ埋め込まなくてはいけない!」という強迫観念。いちおう社会人なのですが、毎日同じことの繰り返しなので特にスケジュール帳に書き込むべきこともなく、なにか予定があったとしてもグーグルカレンダーにメモしておけば事足りていました。

そんな僕が手帳を欲しくなった理由が、「メモしたい」というとても単純な動機から。このブログ運営をするにさいし、そろそろ「現場でメモを取ろう」と思い立った次第。今更かよ!とツッコミが入りそうですが、これまでブログのネタをメモするという習慣がなく、「あーメモしておけばよかったぁ」などと思うことは数知れず。

という訳で、ただ単純にメモできる手帳を探しておりました。「ダイヤリーなど、余計なモノはいらない!」単純にメモできる手帳!それこそ100円ショップなどに売っているメモ帳でよかろう。というご意見もあるかと。しかしそれではダメ!所有欲を満たしてくれる手帳が欲しい。使い込んでいくうちに手に馴染むような手帳(これ大事です)。

そこでグーグル先生におたずねしてみたところ「トラベラーズノート」なんてどうよ?とご紹介していただき、調べてみると、自分好みにカスタマイズなんかもできたりして所有欲を満たしてくれそう。ということでこれに決めた!と思ったのもつかの間。

トラベラーズノートには「レギュラーサイズ」と「パスポートサイズ」の二種類があるではございませんか。日頃から手帳を愛用している方であれば、自分がどのようなシーンでどのように手帳を利用するのかがすぐにイメージできると思いますが、僕のような手帳初心者にはまったくイメージが湧いてこない。

それならば二種類ともポチってしまえ「エイヤー!」と、レギュラーサイズとパスポートサイズを購入してみたので比較などやってみようかと。

スポンサーリンク

トラベラーズノートレギュラー・パスポート比較

トラベラーズノートにはレギュラーサイズとパスポートサイズの二種類があります。今回は「スターターキット」といって、手元に届いたてすぐに利用できる必要最低限のセットを購入しました。

トラベラーズノート レギュラーサイズ パスポートサイズ
カバー本体素材 牛革 牛革
縦(カバー本体) 218mm 134mm
130mm 105mm
奥行 10mm 10mm
ノートリフィル 64ページ無罫 80ページ無罫
縦(ノートリフィル) 210mm 124mm
110mm 89mm
奥行 4mm 4mm
カバー重量 94g 82g
カバー本体カラー 黒・茶 黒・茶
価格(スターターキット) 3888円(税込) 3240円(税込)

DSC02345
パッケージからしてオシャレな感じ。トラベラーズノートを知らない人に、このパッケージを見せたら手帳が入っているとは思わないのでは。

DSC02346
裏面を見てみるとセット内容と製造国などが書いてあります。DESIGNPHILの横に書かれた数字が気になる。なんの数字だろ。

DSC02347
開封してみるとコットン製のケースに入っていました。手帳を購入したことがないのでわからいのですが、手帳をコットンケース入れて保管するのでしょうか。もしかするとキズなどを気にする方はケースに入れてから、バッグに入れたりするのかもしれませんね。

DSC02348
スターターキットの内容物です(レギュラーサイズもパスポートサイズも同じ)。

カバー本体、ノートリフィル(無罫)、スペアゴムバンド(オレンジ)、箱に巻いてあっったゴムバンド。

DSC02350
トラベラーズノートレギュラーサイズの上にパスポートサイズを重ねてサイズの比較をしてみました。

手に持ってみたサイズ感は、レギュラーサイズがiPad miniくらいの大きさで、パスポートサイズは文字通りパスポートサイズなのですが、二つ折り財布をイメージしていただくとわかりやすいかと。

DSC02351
ノートを開いてみると、これだけスペースの差があります。

立ったままメモを取るのであればパスポートサイズが書きやすく、座った状態でゆっくりと書き込むのであればレギュラーサイズが書きやすい印象。

DSC02359
クレジットカードと同じサイズの図書館カードをのせてみました。だいたいのサイズ感をイメージしていただければ(写真はレギュラーサイズ)。

DSC02354
クレジットカード同じサイズの図書館カードをのせてみました。パスポートサイズはカードがギリギリ2つ並べれるくらいのサイズです(写真はパスポートサイズ)。

DSC02352
左がレギュラーサイズ、右がパスポートサイズ。「革の厚さが違うのではないか」というカキコミがあったので比較してみましたが、革の厚さは一緒ですね。もしかすると、裁断した時期や経年劣化などで厚さが違う可能性も無いとは言えませんが、同時期に新品を購入した感じでは革の厚さに違いはないようです。

DSC02358
革の厚さには違いを感じませんでしたが、革の色合いには大きな違いを感じました。左がレギュラーサイズ、右がパスポートサイズです。カラーは同じ、茶色を注文したのですが。

レギュラーサイズとパスポートサイズで革の色合いが違うのか、今回がたまたまなのか、それこそ裁断の時期で革の色合いが変わってくるのか、ハッキリとしたことはわかりませんが、色合いが明らかに違うのが写真でもおわかりいただけるのではないかと。

レギュラーサイズよりパスポートサイズの方が赤みがかっています。好みの問題なのですが、僕はレギュラーサイズの色合いの方が好きでした。このあたりの問題は使い込んでいくうちに、いい感じに経年劣化して素敵な色合いになっていってくれるとは思います。気長に使い込みましょう。

さいごに

DSC02356
「トラベラーズノート」レギュラーサイズとパスポートサイズを購入して比較してみました、いかがでしたでしょうか。もっと詳しくたくさんの比較をしたほうがいいとは思いましたが、なにぶん手帳初心者ということで何を比較すればいいのかよくわからず、終始サイズ感の比較記事になってしましました。

わざわざ二種類を購入して比較する必要があったのか?と疑問の声が聞こえてきそうなので言い訳を。

二種類の手帳を購入した本当の理由は、どちらか1つをガールフレンドにプレゼントしようと考えています。二人で同時期にトラベラーズノートを使いはじめると、お互いのカスタマイズの仕方や、手帳の経年劣化などを比べることができ、「共通の会話が増えて楽しいかな」と思ったからです。

いい歳したオッサンが、ガールフレンドとペアで何かを所有すると「ちょっとキモイ」と思われるかもしれませんが、もしも誰かに指摘されたとしてもトラベラーズノートだとペア感がそこまで出ないかと。

という訳で、この記事を書いている時点でバレンタインのチョコレートはもらっていませんが、ホワイトデーのお返しということでトラベラーズノートをプレゼントしようと思います。

誕生日や記念日などのタイミングを見計らい、ペアで使いはじめるのもいいのではないかと思いますよ。

軍艦島クルーズ情報

軍艦島クルーズできるツアー会社を4社比較してまとめてみた。
長崎市内中心部発着の軍艦島クルーズできる船会社を4社厳選した比較記事です。そのうちの3社には実際ツアーに参加し、その時の感想なども書いています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク