シャンプー変えたらフケが治った話。h&sモイスチャー商品レビュー!

ozpa_otokohasenakadekataruiine_tp_v

こんばんわ。どーも富家フケ太郎です。

人間は一つや二つコンプレックスなるものを抱えながら日々を暮らしている生き物。

僕にもコンプレックスがあります。チビ・デブ・ハゲ・ブス・性格が悪い・稼ぎが少ない、などなど…

それはもう数えきれないほどのコンプレックスと戦いながらこれまで生きてきた挙句がこの有様でございます。

そんな数あるコンプレックスの中でも、治せる確率が一番高そうなのにまったく改善される気配すら見えなかったのが「フケ」問題です。

そうです。僕は両肩に「それ雪でも積もらせているんですか?」な具合にフケが多く、ハタから見ればただの不潔野郎だったのです。

スポンサーリンク

フケとの出会い

あれは中学生のころでした。

学ランの肩に「白い粉」のようなものが、うっすら積もっている。

これは!金田一耕助が頭をボリボリかくと、テーブルの上にポロポロと落ちてきたアレなのか?(Dragon Ashは大好きであります。)

金田一耕助が不潔だったかは知りませんが、僕は不潔ではなかった。

何故なら1日に朝と夜2回お風呂に入っていたから。

思春期のころは、好きな人には嫌われたくない。「あいつ臭くない」とか言われるのは死刑宣告のようなもの。

それゆえ、自意識過剰な僕はできる範囲で清潔にしていたつもり。

しかしながらフケが改善されることなく、それから長い付き合いになるのでした。

フケ対策

長年にわたり、できることはたくさん試しました。

皮膚科に行って塗り薬を頭皮に塗る。医師オススメの薬用のシャンプーを買って試す。

フケに効果あり!の宣伝文句が書いてあるシャンプーを片っ端から試す。

塩を頭に塗り込んでぬるま湯流す。などなど。

記憶しているフケ対策は以上です。

しかし全ての対策にまったく効果はなく、もうフケと一生一緒に居よう。添い遂げてみせる。と思っていたところ、あるCMをみて「ビビビ」と電気が走りました。

h&sモイスチャーとの出会い

ある日「そうだCMでみたシャンプーを試してみないと!」と、ふと頭の中に浮かんでドラッグストアへ行ってみることに。

もうそれは完全にうろ覚えだったので、商品名がわからない。

確か旅行会社みたいな名前(HISっぽい)で青い容器だったはず。

という断片的な記憶を元に商品棚を隅々まで見ていると、CMで目にした青いボトルの商品がそこにはありました。

h&sモイスチャーというP&Gの子会社、マックスファクターが販売するシャンプーだということがわかりました。

僕は男性なので化粧品の知識がゼロなのですが、マックスファクターといえば化粧品の会社ですよね。

モイスチャー製品のウェブサイトを見ると「乾燥・かゆみ・フケを抑え、うるおう地肌へ」というキャッチコピーが書かれてあり、髪をキレイにするというよりは、地肌・フケ対策の要素が強い商品であることがわかりました。

そして実際に約一ヶ月間ほどモイスチャーを使用してみた感想はと言えば。

「フケが治った」

嘘くさいと思われるかもしれませんが、初めて使ったその日にフケが治りました。

長年に渡り、フケに悩まされ続けている人ならわかってくれると思いますが、シャンプーを変えてすぐに一瞬だけフケがおさまることがあります。

それは数日かもしれないし、数時間かもしれない。商品によってその長さは違えど、また間も無くフケが戻ってくる。

モイスチャーを使い始めたときも、一瞬だけ症状が改善されるヤツかなと思いながら、1週間・2週間と使い続け、もしかしたら本当にフケが治ったのかもと思い始めました。

あれから約一ヶ月間使用してみて、このブログを書いているわけですが、ハッキリ言って完治と言っても過言ではないほどにフケ症が改善されました。

この時期(12月)は寒くなり、特に乾燥する時期なので、お風呂上がりにドライヤーを使っているとき、すでにフケが風に舞っていたほど症状が悪化する季節なのですが、まったくフケがでなくなりました。

なんとかしてフケを出してみようと、地肌をガシガシガシと強く擦って、ほんの少しフケが出る程度まで地肌の調子がよくなり、僕自身が一番驚いている状況です。

フケ症の人に「この商品を使えば症状が必ず改善する」という言葉が無責任だということは経験者の僕も理解しています。

この記事を読んだ全ての人がモイスチャーを使ってフケ症が改善するとは僕も思っていません。

それでも、もうフケ症は治らないし諦めていた。という僕のような人がお試しして、もしかするとあっという間に完全するかもしれません。

そんなに高い商品というわけでもありませんし、「ちょっと試してみようかな」ぐらいの軽い気持ちでモイスチャーを使ってみてはいかがでしょうか。

人前に出るたびに、スーツの両肩を気にする必要もなくなるかもしれませんね。

メンズ用もあるようですが、僕は青いボトルの商品を購入して使用してみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク