モンネ・ルギ・ムックのある波佐見西の原エリアで優雅な休日を!

DSC02314
波佐見町。「焼き物」と「案山子」そして「波佐見高校」過去3度甲子園出場を決めている。そして最近では何やらオシャレさんがたくさん集まる町。イメージはこんな感じ。

去年のゴールデンウィークには、有田陶器市に続き、波佐見陶器市にもおじゃましました。有田は年配の方が多い印象でしたが、波佐見は一転若い方が多くオシャレな焼き物が多い。

波佐見焼といえば、江戸後期には磁器生産量日本一を誇る大衆的な焼き物として大量生産に特化していました。悪い言い方をすれば大量生産で広く利用されていたということはブランドとしての価値は低い。現代に例えるなら100円ショップの食器でしょうか。

しかし今は21世紀。波佐見焼に関わってきた多くの方の長年による努力で、今や波佐見焼は一流ブランドとして大人気の陶器となりました。現代の波佐見焼のイメージは「ハイセンスな食器を日常的に使う」という感じでしょうか。

そんなわけで、波佐見町と聞くとオシャレなイメージが広まりつつあると思います。そんな波佐見町のオシャレ発信スポット波佐見町西の原に行ってきました。波佐見町西の原には以前、約1500坪の敷地に幸山陶苑という江戸時代から続く窯元が営む製陶所「福幸製陶所」がありました。現在、その製陶所の建物を再利用してオシャレなお店が立ち並んでいます。

スポンサーリンク

モンネ・ルギ・ムック(monne legui mooks)

DSC02314
まずはカフェでランチとシャレこみます。到着したのが11時50分。モンネ・ルギ・ムックの開店時間は12時ですが、すでに3名並んでいます。これはイカンと4番目に整列。

11時58分頃でした。店員さんが出てきて「少し早いのですが、開店させていただきます」という元気な挨拶で開店。この時すでに10名以上の方が並んでおられました。

さすが波佐見町西ノ原、おシャレな格好の人が多いですね。お客さんの層は、若い方からご年配の方まで幅広く、若いカップルがいるかと思えば、お孫ちゃんを連れて来ている老夫婦。小さい子供を連れた若い夫婦や女子だけのグループに、「7名なんですけど」という団体さんまで。それこそどんな世代でもOKと言った感じ。

なんだかみなさんオシャレな格好なので、上下スウェットで来た僕が「かなりヤベー奴」の雰囲気を醸し出しています。(まぁヤベー奴なんですけどね)

DSC02305
店内には、ハイセンスというのかボロというのか、判断は各個人にお任せしますが、そんなテーブルや椅子、ソファーが並んでいます。製陶所だった建物をリノベーションしているだけに店内は広く、ざっと見た感じだと30名近くは入れそう。

DSC02306
メニューは、メインとサイドを1品づつ選ぶスタイルです。ランチメニューが980円(税抜)。プラス200円でデザートがつけれて、さらにプラス200円でドリンクもつけれます。どちらか1つでも可。ドリンクはテイクアウトもできるらしく、帰りの車内でゆっくり飲もうよ!って方にはありがたいサービス。

DSC02308
他にもドリンクメニューの充実ぶり。

DSC02307
デザートメニューもあるので、ランチは他で食べてきたけど、お茶だけしていこうか。なんて利用のしかたもOKかと。

DSC02310
注文して待つこと3分。まずは「ハムとじゃがいものスパニッシュオムレツ」。

DSC02312
オムレツを食べ終わった頃にやってきたのがメインの「小海老とあさりのスープごはん冬野菜添え」。

DSC02313
こちらは相方さんが注文した「焼いた鶏のマスタードケイパーソース」。

オープンして随分と日が経つのに今まで足を運ばなかった理由は、「味どうなの?」という期待感のなさ。ただの偏見で申し訳ないんだけど、直感的にピントこないとなかなか波佐見までランチに行けないんですよ。

ただね。この直感は大間違いでありました。正直に申しまして「美味しかった」。創作料理で素材が死んでるカフェって多いじゃないですか!でも、モンネ・ルギ・ムックのお料理は素材が活き活きしてました。お野菜も海鮮もお肉もイキてた。

こねくり回してドン「ドヤ!」のカフェとは対照的で素材の味がたっぷりと引き出されて味わい深くホントに美味しいランチでした。オシャレな老夫婦がお孫ちゃん連れてくるはずだよ。だって安心して子供にも食べさせれる食事だもの。

というわけで僕の直感が大ハズレした「モンネ・ルギ・ムック」。もう行ったことがある人が多いとは思いますが、まだの方はぜひ一度行ってみてください。おすすめします。

店舗情報

アクセス: 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2187-4
営業時間: 12:00~23:00
定休日 : 火曜・水曜
電話番号: 0956-85-8033
URL : http://www.mooks.jp/   

モンネ・ポルト

DSC02315
アクセサリーや文房具、陶器などの雑貨を販売している。

DSC02316
ギャラリーでは展覧会・コンサート・ワークショップなどを開催。

店舗情報

アクセス: 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2187-4
営業時間: 11:00~18:00
定休日 : 水曜
電話番号: 0956-76-7163
URL : http://monne-porte.com

GROCERY MORISUKE

DSC02318

食料雑貨店MORISUKE。昨今オーガニック食品が注目されていますが、なかなか長崎県内では手に入りにくいかと。そんなときは、こちらのお店を一度訪れてみてはいかがでしょうか。オーガニックやナチュラルデザインにこだわった世界中の食料雑貨を取り扱っています。

店舗情報

アクセス: 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2185
営業時間: 11:00~18:00
定休日 : 水曜
電話番号: 090-4519-2795
Facebook: https://www.facebook.com/grocerymorisuke/

にぎりめし かわち

DSC02319
ランチ終えたばかりなのに入ろうかと5分悩みました。結局はお腹いっぱいだから断念したんだけど、スゲー心残り。中を覗き込んでみると、おばちゃんが二人でおにぎり握ってる。たぶん、きっと、ぜったいに美味しいおにぎりが食べれると思う。

店舗情報

アクセス: 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2187-4
営業時間: 11:00~15:00
定休日 : 月曜・水曜・木曜・金曜

珈琲豆屋 Shady

DSC02320

店内で自家焙煎したコーヒー豆を販売している「珈琲豆屋 Shady」。Siebold(シーボルト)・HASAMI(波佐見)のオリジナルブレンドが人気。メンバー会員になると1割引で購入できる。

店舗情報

アクセス: 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2174-2
営業時間: 10:00~18:00
定休日 : 水曜
電話番号: 0956-85-2324

南創庫

DSC02321

南創庫では3つのブランドを展示販売しています。
☆essence  西海陶器のオリジナルブランド
☆HASAMI PORCELAIN  アメリカ西海岸に拠点を置く篠本拓宏のディレクションにより、受け継がれた伝統を現代のコンセプトで革新するテーブルウェア
☆The Porcelains  クロスステッチデザイナー大図まことととessenceの阿部薫太郎が手掛ける陶磁器ブランド
波佐見町観光協会ウェブサイトより引用

店舗情報

アクセス: 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2174-2
営業時間: 11:00~18:00
定休日 : 水曜
電話番号: 0956-76-7214
Facebook: https://www.facebook.com/minamisouko

HANAわくすい

HANA
店舗の写真撮ったつもりだったんだけど、帰って来て確認したら撮れてなかったのでウェブサイトのスクショで代用。

「HANAわくすい」には、調理器具や生活雑貨、洋服まで幅広く取り扱うインテリア雑貨店。曲げわっぱのお弁当箱があったので手にとってみたけれど、お値段がお高くて手が出なかった。ホンモノはお高いです。というカンジで物は良い物を取り揃えてあるので、ホンモノ志向の方は覗いてみると素敵なアイテムに出会えるはず。

店舗情報

アクセス: 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2187-4
営業時間: 11:00~18:00
定休日 : 水曜日
電話番号: 0956-85-8155
URL :   http://hanawakusui.jp/

西の原エリア

「モンネ・ルギ・ムック」というカフェが有名なので、その他のお店のことをよく知りませんでした。それぞれにこだわりのあるアイテムを取り揃えたお店が軒を連ねているのが「波佐見町西の原エリア」なんですね。

食事の後に、各店舗をぶらりと回ったりとランチどきからお出かけして午後を一日楽しめるエリアだなと感じました。朝早くからお出かけして、午前中に窯元めぐりをして午後から西の原エリアですごして温泉に入って帰る。なんて休日も素敵な一日になるのではないでしょうか。

軍艦島クルーズ情報

軍艦島クルーズできるツアー会社を4社比較してまとめてみた。
長崎市内中心部発着の軍艦島クルーズできる船会社を4社厳選した比較記事です。そのうちの3社には実際ツアーに参加し、その時の感想なども書いています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク