岩屋山 長崎市にある標高475メートル 岩屋神社からの登山記録

DSC01087

長崎市の北西に位置する標高475.2メートルの火山「岩屋山」の登ってみた。岩屋山は古くから信仰の山として崇められ長崎市民からもとても親しまれている山と聞く。

ここ最近、少しづつ山に登ることに興味を持ち始めたので岩屋山に登ってみることにした。

しかし、お恥ずかしい話ではあるが、ボクは岩屋山に登るのが初めなのだ・・・
では初心者による岩屋山ハイキングの記録を公開したいと思う。

スポンサーリンク

登山スタート

DSC01071
岩屋山の登山コースは複数あり、各コースとも分岐や合流が多い。初心者のボクが単独で登るには1本道のルートが間違いないと思い。岩屋神社からまっすぐ登るルートを選択してみた。

岩屋神社は虹ヶ丘小学校の裏手にあり、路線バスの最寄りバス停は「虹ヶ丘」だ。岩屋山の面白いところは、いろんな登山ルートがあり、公共機関で登山口までくると、行きと帰りでぜんぜん違うルートを歩けるところだろう。

DSC01072
登山口から1.2分のところで境内に到着。

DSC01073
いよいよ登山道へ入っていく。

DSC01074
事前に地元の登山ブログで情報収集した範囲では、登山道がキレイに整備されていた道があったようだが、このルートとは別の道らしい。結構足元が悪い道程が続く。

DSC01076
自然の中にたった1人で何も考えずに黙々と登って行く。

DSC01077
分かれ道か?と迷いそうな場所には案内板があった。ありがたい。

DSC01079
登りはじめて15分ぐらい経過したころだろうか、身体の中から一気に汗が吹き出しはじめる。前回の八郎岳登山のときも同じように汗が出た。ウォーキングしているときとは違う種類の汗だ!毛穴が一気に開いて毒素が身体から出て行くイメージだ。これが病みつきになりそうな爽快感!

こまめに水分を補給しながら進んでいく。

DSC01080
途中、倒木があった。木の間をくぐり抜けることもできるし、少し回り込んで迂回することもできる。

DSC01081
今度は岩に白いペンキで矢印が書いてあった。ありがたい。

DSC01083
ロープ場なんかもあったりする。体力の無いボクではロープナシでは岩を登れそうになかったのでロープを使わせてもらった。

少しばかりアクロバティックな場所もあり、前回の八郎岳より登山道はハードな印象だ。

DSC01084
ここを登ると山頂なんだろうな。とすぐにわかった。なぜなら、上から大きな話し声が聞こえてくる。年配の方は元気だ(笑)

skitch (12)

岩屋山山頂

DSC01085

無事に山頂に到着することができた。

DSC01086
標高475メートルの岩屋山。

案内板に落書きが・・・

DSC01088
山頂に地図もあるが、ボクには分かりづらかった。

DSC01089
岩屋山をはじめ、長崎市内の山々の云われが書いてある。

DSC01098
岩屋山の山頂にはチョットした広場もあり、ベンチもあるので登山後にゆっくり休憩することができる。

DSC01094
ベンチに座って酷使してしまったM1400を眺める。

DSC01102
岩屋山はスニーカーでも登れないこともないが、ご覧のとおり靴の中には小石が何個も入り込んでいる。ハイカットやミドルカットの登山靴を履いた方が間違いないとは思うが、最悪はスニーカーでも登れないことはない。しかし、下山の時は特に注意して足場を選びたい。

DSC01096
ベンチに座って休憩していると、おばちゃんが「案内板の裏に温度計があるとばい」と仲間内で会話しているのを盗み聞きしてしまった。ということでおばちゃんがいなくなってから、温度計を見に行ってみた。

この日は風がなかったせいか、山頂に到着しても涼しいとは思わなかった。500メートル以下の山なので、地上とそれほど気温差もないのかな。

DSC01095
12時55分にお湯を注いで山頂をブラブラ散歩していたら13時になっていた。はじめての山カップラーメンは結構麺が伸びてしまった。

DSC01101
岩屋山から長崎市内中心部の展望。なかなか景色が素晴らしい。

下山スタート

DSC01105
今回は登ったルートとは違う登山道で下山してみることにした。岩屋山は分岐や合流が多いので道間違いには注意したい。

DSC01106
ボクが登ってきた道は一体何だったんだ!というぐらいにキレイな登山道だ。

DSC01107
こちらの登山道も分かれ道に案内板が設置してある。

DSC01109

DSC01110
山頂から降りてくると、ちょっとした椅子があることろに分かれ道がある。岩屋山は分岐や合流が多いと聞いていたが、本当に分かれ道が多い。しかし、いろんな道を歩いてみたいな。と思わせてくれる山だ。次回は時間を取ってあちこち歩き回ってみたい。

ここの分岐を左へ行くと岩屋神社へとくだって行く。

DSC01112
歩きやすい道が続く。岩屋山登るならコッチの道がオススメだ。

DSC01113
登山口が見えてきた。

DSC01115
最初に登り始めた鳥居のところに戻ってきました。

ボクはまっすぐ鳥居をくぐって登り始めましたが、鳥居の手前を左へ登ると歩きやすい登山道が続きます。初心者の方やお子さんと一緒に登山をする予定の方は鳥居の手前から左へ登る登山道をおすすめします。

skitch (13)

さいごに

DSC01091
ハイキングに少しづつハマリってる。山の中を歩くのが楽しいし、登山中にかく汗がとても気持ちいい。そしてなにより頂上に着いたときの達成感がなんとも言えない。
まだまだ初心者で近所の低い山ばかりだけど、自分のレベルに合わせて安全に他人様に迷惑を掛けないことを目標にハイキングを楽しんでいる。道迷いや危険な場所を無理に突き進んで滑落したらシャレにならないし、何より他人様に迷惑かけてしまう。

岩屋山なら道に迷わないよ!と無責任なことを言うつもりはないが、事前にキッチリ地図を確認して当日も地図を見ながら登山道を外れることなく歩けば道に迷うよなことはない。(と思う)

今回、はじめて岩屋山に登った訳だが、初心者のボクの足で登りに46分、くだりに37分の時間を要した。普段から運動をされている人なら、もっと早いペースで登れるとは思うが、運動不足の人がいきなり登るともう少し時間がかかるかもしれない。

このブログを見て岩屋山に登ってみようかな。と1人でも思ってくれる方がとても嬉しく思う。そしてはじめての方は時間と水と食料に余裕を持って登ってほしいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク