金比羅山にハイキング?登山?に行ってみた。

DSC00128
9月に入って一気に涼しくなりました。秋といえば「食欲の秋」「スポーツの秋」「行楽の秋」など、楽しいことがヤマのようにあります。

2015年9月中旬には大型連休もあり、旅行に行ったり、のんびり読書をしたり、ハイキングをしたり、とみなさん楽しい予定で一杯でしょう。

えっ、何も予定がないけど。と思ったそこのあなた、山に登ってみませんか。という訳で初心者でも簡単に登ることができる長崎市の超有名な金比羅山に行ってきました。

金比羅山は標高が366Mとかなり低い山ボクみたいな運動不足の山登り素人でも安全に簡単に登ることができました。366Mも登れないよ!と思った方もいるかもしれませんが安心してください。標高0Mから登る訳ではありません。

スポンサーリンク

バスで近くまで行っちゃいます

DSC00095
県営バスが運行する「立山・浜平(東高下)」のバスに乗ってください。

DSC00092
降りるバス停は「東高下」です。

DSC00093
バスを降りて少し坂道を登ったところの横断歩道を渡ります。

DSC00097
長崎金星観測碑・観測台の矢印の方へ進みます。

DSC00098
先ほどの坂道を登ってくると車両が行き止まりになりグッと道幅が狭くなります。

いよいよ登るぞぉ!と気合いが入るとは思いますが、ここで一旦荷物をおろして準備運動をしましょう。車が来ることも少なく平地なので軽い運動ならしやすい場所だと思います。

素人がいきなり登りだすと怪我の原因になるので、日頃から運動不足だな!と思っている人は念入り。

DSC00099
いよいよ細い道に入って歩いているといきなり分かれ道になりました。

どちらに行けば良いのかわからなかったので、畑作業をしているお姉さんに聞いたみたところ、どちらの道からも行けるとのこと。

どちらの道を進んでもすぐに合流するらしいです。下の道が階段が多く、上の道が坂道ばかりでした。

DSC00101
ずっと坂道だったのですが、いよいよ階段がでてきました。

DSC00102
バス停から歩くこと約10分、金比羅神社二の鳥居に到着。

DSC00103
森のトンネルが続きます。直射日光が当たらなくていいんだけど、虫がすごいまとわり付いてきます。

DSC00104
二の鳥居からひたすら階段を登ると何やら道がひらけました。

DSC00105
階段を登り切ったところから右へ登ると長崎金星観測碑・観測台があります。今回はスルーしましたが、興味がある方はぜひ行ってみてください。

DSC00106
参道を進みます。

DSC00107
金比羅神社が見えてきました。

DSC00108
金比羅神社で道中の安全をお祈りしました。

DSC00109
神社を後にして道を進むといよいよ山感がでてきました。

DSC00111
と思ったら、いきなり道が開けて広場にでます。ここはハタ揚げ広場と呼ばれている場所のようです。

DSC00137
ハタ揚げ広場にはベンチもあるので休憩することもできます。

DSC00110
ハタ揚げ広場にはトイレもあるので女性も安心です。

DSC00112
ハタ揚げ広場からさらに登ります。

DSC00136
ハタ揚げ広場を登っていると大きな岩があります。

DSC00134
この大きな岩は、どんく岩やひよこ岩と呼ばれているそうです。「どんく」とは長崎弁でカエルの意味ですが、どんくなんて言っている人をボクは見たことがありません。

アングルが悪いのかカエルに見えない。

DSC00135
どんく岩からハタ揚げ広場をみおろす。すでに、なかなかの景色ですね。

もうここでUターンして帰ろうかな。なんて思ったのは秘密です。

DSC00114
さて気を取り直して登ります。一気に山登りっぽい道になってきました。

DSC00115
一瞬道が開けたので頂上か!と思いましたが違いました。まだまだ登ります。

DSC00116
鳥居が見えて明るくなってきた。いよいよ頂上っぽいです。

DSC00122
やっと金比羅山頂上に着きました!

DSC00123
取りあえずベンチに倒れこみます。

頂上に到着する少し下で腕から尋常ではない汗がドバァーとでてきたのですが、山頂が風があたってとても涼しいです。

山頂のベンチでお弁当を食べたら美味しかでしょうね。

DSC00117
水分補給をしながら山頂の気温を計ってみたり。気温は34℃になっていますが、体感温度はそんなに暑くありませんでした。

DSC00119
金比羅山から長崎港の展望です。イヤー景色がよかねぇ!

DSC00120
金比羅山から平和町方向の展望です。浦上天主堂が見えてます。

DSC00125
金比羅山、正式には366.3Mあるみたいですね。

DSC00127
環境庁による金比羅山の説明の看板も設置してありました。

DSC00129
十分休憩もしたので下山する前に、山頂にあった神社で下山の安全をお祈りしました。

DSC00132
それでは下山開始です。ボクの性格上、下りで転んで怪我するタイプなので意識してゆっくり下ります。

DSC00138
登った道と同じ道をくだってきました。なんとか転ぶことなく無事におりてくることができました。

番外編

DSC00139
山頂でお弁当を食べた人は、バスに乗って帰ろうか?ということになるともいますが、お弁当を食べてない人はボクのオススメのお店に寄って行ってみませんか。

DSC00141

ということで、金比羅山一の鳥居をくぐり、立山公園横の道をくだって行きます。

DSC00142
車止めを通りすぎ階段をおります。

DSC00144
階段をおりると道路に出るので右へ歩きます。

DSC00145
赤い看板が見えてますよね。

DSC00143
せっかく立山方面に来たのに、ここに寄って行かない訳にはいきません。


大好きな皿うどん太麺を食べちゃいました。マジ美味かったです。じゅん食堂サイコー!

じゅん食堂で食事を終えたらお店からでて右側へ歩きましょう。

30メートルほど先に金比羅山入口バス停がありますので、ここからバスに乗って帰ることができます。

DSC00147
時刻表も貼っておきますね。

さいごに

いかがでしたか。日頃使わない筋肉を使って歩く山道を登りきって見る景色はとても素晴らしく、山頂にはさわやかな風が吹いています。この秋にハイキングに行ってみようと思った方は、安全に十分気をつけてお出かけくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク