江平から金比羅山まで登ってみた。

DSC01244
長崎駅から稲佐山まで登り稲佐山から岩屋山まで登り、油木から浦上天主堂まで歩いてきました。

1日で3つの山に登ってやろう!ということで金比羅山に登ることにしました。金比羅山には江平からでも登れると聞いていたので、歩きながらスマートフォンで登り口を調べると浦上天主堂の横に道を登って行けばいいらしい。ということがわかり、地図を見ながら歩きます。

スポンサーリンク

登山日記

DSC01245
浦上天主堂よこの道を江平中学校の方へ歩いて行きます。

DSC01246
ファミリーショップトクヤマから右へ路地を入ります。

DSC01247
路地からすぐに広い道路に出てきます。

DSC01248
バス停手前から左へ路地を入ります。

DSC01249
分かれ道を左へ入ります。

DSC01250
いよいよ山道に入っていきます。道が合ってるのか自信がなかったのですが、幸運にも登山道に入る寸前のところで地元住民がいたので声を掛けて道が合っているか聞いてみたところ、ここからでも金比羅山へ行ける。ということでした。

DSC01251
多目的広場内原爆慰霊碑説明板あり の看板がありました。

DSC01252
登山道を歩いていると、ところどころ看板があります。

DSC01253
旗揚げ広場に出てきました。

ボクは金比羅山の頂上にたどり着く予定だったのですが、旗揚げ広場に出てきてしまいました。あとで調べてみたところ、登山道の途中から九電の作業道を左へと登って行くと山頂まで行けるらしいです。

今回は残念ですが、旗揚げ広場から山頂を目指します。

DSC01254
無事、金比羅山までたどり着くことができました。

DSC01255
いやぁーしかし今日は疲れました。

流石に、帰り道は足がガクガクでしたが、ケガすることもなく無事自宅に帰り着くことができました。

skitch (16)

こちらの登山日記もオススメ

軍艦島クルーズ情報

軍艦島クルーズできるツアー会社を4社比較してまとめてみた。
長崎市内中心部発着の軍艦島クルーズできる船会社を4社厳選した比較記事です。そのうちの3社には実際ツアーに参加し、その時の感想なども書いています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク