『紅灯記』長崎市万才町にある、あっさり味で野菜がおいしいお店。


長崎市万才町、長崎市内のオフィス街にある、『紅灯記』にちゃんぽんを食べに行ってきました。

こちらのお店も初来店なのですが、『ちゃんぽん、おいしい。』とよく耳にしていたので、ちゃんぽん食べある記ニストとしては、外すことのできないお店なのです。

ネットで調べたことろお昼の営業時間が11時からだったので、サラリーマンのお昼休みにかぶらないように、開店と同時に入店させていただきました。

スポンサーリンク

紅灯記


ネギソバを推しているようですが、ちゃんぽんを注文して待つこと5分。


店内の雰囲気もなんだかオシャレなんですが、器もシンプルなデザインの器を使っていて、他のお店と雰囲気が違います。ちゃんぽんもおいしそうで食欲をそそられます。


まずはスープからひと口。あっさりした口ざわりなのですが、その中にも濃厚な味でとてもおいしいです。


麺も本格派、硬さもちょうどよく文句なしです。そして、ここのちゃんぽんは野菜がおいしいのです。野菜がシャキシャキで歯ごたえがあり、他所ではちょっと味わえない食感なのです。

ボクは大食漢ではないので、ちゃんぽん食べていたら野菜が多いな、と思うことがよくあるのですが、ここのお店の野菜はもっと食べたいと思いました。食べていて止まらなく感覚なのです。

全体的にあっさりしていて野菜がとてもおいしくて、女性にもオススメできるちゃんぽんでした。


もちろん完食です。


こちらのお店はお昼のランチもありますので、彼女がちゃんぽん嫌いで、とかそういう人には『お前ランチ食べればいいやん』とツッコミを入れて自分はちゃんぽんを食べましょう!

店内の雰囲気もいいので、ランチデートにもオススメします。

関連ランキング:中華料理 | 大波止駅賑橋駅五島町駅