「二鶴」賑町のリーズナブルなランチが魅力的なお店

Fullsizeoutput 41c
気になったお店にブラっと入ってみる企画第7弾!

こんかいは、長崎市賑町にある「二鶴」というお店です。

場所は、以前紹介したとも也がある通り、メルカ築町の裏通りにあります。

スポンサーリンク

二鶴

Nikaku 6
こちらのお店もウォーキングの途中にずっと気になっていました。

店頭にある「日替定食」メニューをみるたびに、ホワイトボードが僕を呼んでいるような気がするぅ〜!

メニュー表から「ウチ美味しいですよ」というオーラが出ているような気がするのは僕だけでしょうか。

Nikaku 5
11時45分頃入店。

先客がカウンターに1名のみ。僕も続いてカウンターに陣取ります。

注文はもちろん「日替定食をお願いします」と一言。

Nikaku 4
注文してから待つこと約5分。日替定食「鶏ももから揚」です。

まず目を引いたのが素麺のお吸物。味噌汁が出てくると勝手に思っていただけに、「素麺久しぶりだなぁ〜」っとひとつテンションがあがってしまい、お椀を手に取り「ズズズゥー」っとひとくち。

やさしさに包まれたならby荒井由実

と思わず発してしまうほど、やさしさに包まれたお出汁。

続いては小鉢の煮物をいただきます。

かぼちゃ・大根・お魚、甘めの味付けで味が染みて美味か!です。

続いて、メインの「鶏ももから揚」を!

いやいやゴロっとしたから揚げを5個も食べれんですよぉ〜っと思いながら食べはじめたところ、あっという間にペロリンチョ!と食べてしまった。

こちらも煮物と同様に甘めの味付けでうま味!です。

もう1品の小鉢はお豆腐にゴマのタレがかかったもの。

Nikaku 3
「全部美味い!」とフガフガやってご飯をカキコミ終えたころ大事件がおこりました。

「うわっ!臭い!テロかぁ?」

Nikaku 2
カウンターにあってはならないモノを発見してしまった。

こちらのお店、僕が行ったときの客層は10割近所のサラリーマン。

僕が食べ終える頃には、ほぼ満席に近い状態になっていて、注文を終えたオッサンが食事前の一服をはじめた様子です。

僕は遠い昔喫煙者でしたが、今はタバコ吸いません。3年ぐらい前までは、食事の席でも他人が吸うタバコのニオイは気にならなかったのですが、ある日突然タバコにニオイがとてもイヤな体質に変化したらしく、現在は嫌煙家になってしまいました。

むかぁ〜し自分も吸っていたので、タバコを吸いたい人の気持ちもわからんでもないのですが、「飲食店ではやめてくれぇ〜」と本気で思っています。

なんでワシが煙の中で飯食わんといかんのよ!と思うと悲しくなってきました。

タバコのニオイがするまではパーフェクトだった「二鶴」さん。

ランチ時だけでも禁煙にしてほしいですね。

Nikaku 1
コーヒーまで付いて648円!

味も良くてリーズナブル、すごくお得感あるランチだったので、タバコだけが残念でした。

気になったお店にブラっと入ってみると、こんかいのように「喫煙可」のお店だったりする可能性もあるなぁ〜っといい勉強になりました。

まぁ、引き続きブラっと入って企画はやっていこうと思っていますけどねぇ。

関連ランキング:懐石・会席料理 | 賑橋駅西浜町駅(アーケード前)西浜町駅

コメント