三池炭鉱万田坑(明治日本の産業革命遺産)に行ってきた。

DSC01991
明治日本の産業革命遺産が世界遺産に登録されました。構成資産は、九州山口を中心に静岡県、岩手県など全国に8県に分布してあります。

熊本県内に構成資産は2ヶ所あり、その内の一つ「三池炭鉱万田坑」へ行ってきました。

三池炭鉱は1997年に閉山ということで、軍艦島などに比べると近年まで稼働していた炭鉱なので、建物などもそこまで劣化しておらず、中に入って施設を見学することもできる所が特徴です。

ということで写真で万田坑の様子をお伝えしたいと思います。

DSC01999
映画るろうに剣心の撮影が行われた場所だそうです。

DSC_1187
万田坑ステーション

DSC01987
見学時間。午前9時30分から午後5時まで。

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)12月29日から1月3日まで休館日。

DSC01986
万田坑ステーションでの見学は無料ですが、入坑するのには入坑券が必要です。

大人410円 高校生300円 小・中学生200円 小学生未満無料

20名以上の団体割引あり。

DSC01988
万田坑ステーションには芸能人のサイン色紙が貼ってありました。

DSC01989
それではいよいよ坑内へ入ります。

DSC01990
定時でガイドさんの案内があるようですが、僕が訪れたときは見学者が少なかったので、ガイドさんが順次説明してくれました。

DSC01993
山ノ神祭祀施設(国重要文化財)

DSC01995
倉庫及びポンプ室(国重要文化財)

DSC02004
安全燈室及び浴槽(国重要文化財)

DSC02005
使用していたヘルメットとライト。バッテリーが重かった。

DSC02020

DSC02014
第二竪坑櫓(国重要文化財)

写真は櫓内。

DSC02012
ケージを吊り下げていた。

DSC02015
このケージに乗り込み、吊り下げてられて降りて行ったそうです。

DSC02008
坑口信号所。

DSC02010
巻揚室との連絡をしていた場所でしょうか。

DSC02011
比較的新しく見える電話もそのまま残されていました。

DSC02017
重要文化財の案内板。

DSC02021

DSC02019
トロッコもそのまま放置。

DSC02024
気罐場

DSC_1156
第一竪坑

DSC_1149
選炭場

DSC_1164

DSC_1168

DSC_1169

DSC_1170

DSC_1171

DSC_1172

DSC_1175

DSC_1178
写真8枚は第二竪坑巻揚機室(国重要文化財)

DSC_1148
いかがでしたでしょうか。竪坑や巻揚機室など、本当に目の前まで行って見学することができます。興味がある方は一度行ってみてはいかがでしょうか。

荒尾市観光協会→ウェブサイト

軍艦島クルーズ情報

軍艦島クルーズできるツアー会社を4社比較してまとめてみた。
長崎市内中心部発着の軍艦島クルーズできる船会社を4社厳選した比較記事です。そのうちの3社には実際ツアーに参加し、その時の感想なども書いています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク