箱根芦ノ湖旧東海道を箱根町港から箱根園港まで歩いてみた。

DSC01808

DSC01792
姥子駅から箱根ロープウェイに乗り桃源台駅までやってきました。箱根ロープウェイ桃源台駅は、箱根海賊船乗り場と同じ建物なので海賊船が出航するまでの間、建物内にあるお土産屋さんなどをぶらぶらする。レストランなどもあるので待ち時間に昼食を済ませることも可能です。

DSC01793
桃源台港から箱根町港まで乗船します。料金は片道1000円所要時間は約30分です。

お天気が悪くちょっと残念でした。

DSC01794
箱根町港に到着しました。

DSC01796

DSC01797

海賊船を降りて、すぐのところに箱根駅伝往路ゴール、復路スタートの石碑があります。テレビでみていると、結構広い道なのかと思っていましたが、実際には普通のどこにでもあるような道路です。

しかし、あの坂道をここまで走ってくるとか、実際に自分の目で見てみると本当に選手達は凄いですね。

DSC01798
箱根駅伝の歴史、箱根宿の歴史が書いてある看板など。

DSC01795
ということでスタート・ゴールのすぐ横に箱根駅伝ミュージアムがあります。

DSC01800
箱根駅伝ミュージアムの横にある寄木細工屋さん。

DSC01804
長崎街道歩行中の僕としては、旧東海道も歩いておかないと!ということで、芦ノ湖周辺の旧東海道を歩くことにしました。

DSC01805
旧東海道の一部でもある、箱根旧街道杉並木道を歩きます。

DSC01802
芦ノ湖周辺で食事する予定だったのですが、店休日お店が多く開いていたお店はどこも観光地価格の上に特に美味しそうな予感もしなかったので旧東海道を歩きながら「渡邊ベーカリー」で購入したあんぱんを食べます。

DSC01807
なかなかいい感じの旧街道が続きます。海外で有名なのか、日本人よりも外国人とすれ違うことが多かったです。

hakone
写真がなかったのでグーグルさんからお借りしてきました。

旧東海道箱根旧街道杉並木道は大きな鳥居のあるところの手前を右へと入り、箱根湯本の方へくだって行きます。

僕は、このまま直進して箱根神社を目指します。

DSC01812
箱根神社に到着。お天気が悪かったんだけど、ここではそれが幻想的な雰囲気になっていました。

DSC01816
箱根神社の水中鳥居もいちおう見に行ってみる。

DSC01817
箱根神社からさらに歩いて、箱根駒ヶ岳ロープウェイ乗り場・箱根園水族館・芦ノ湖遊覧船箱根園港を目指します。

DSC01818
吊橋があったり。

DSC01819
素敵な石畳の道が続きます。

DSC01823
箱根駒ヶ岳ロープウェイ。強風のため運休中!でした。まぁ、ご覧のお天気なのでロープウェイが動いていたとしても何も見えないとは思いますが。

DSC01825
箱根園港からは芦ノ湖遊覧船に乗船します。

DSC01827
箱根園港から湖尻港まで乗船です。湖尻港は、桃源台港のすぐ近くです。

DSC01826
芦ノ湖からは富士山がキレイに見えるそうですが、この日は30メートル先も見えない状況でした。

僕が、箱根園港に到着したときに、乗船券販売所の職員さんが携帯電話で「こっち霧がひどいんで箱根園通過してもいいですよ」と船長さんと連絡を取っているところでした。

あのー乗りたいんですが大丈夫でしょうか?と僕が聞くと「あっ、お客さん来ました、やっぱり寄ってください」と話していたので、霧がひどいときは乗船したいアピールを係の人にしておいたほうがいいと思います。

DSC01828
SF映画のワンシーンような登場の仕方の芦ノ湖遊覧船!

DSC01829
どーやって操船してるのかと思ったら、ほぼレーダーだけで操船していました。これだけ天気が悪いのに運行してくれる芦ノ湖遊覧船すごいですね。

芦ノ湖周辺の移動手段は、海賊船と遊覧船が重要な役割を果たしているので運休になったら移動できなくなってしまいます。本当にありがたいと思いました。

箱根芦ノ湖観光では、美術館などを見て回る方も多いとは思いますが、シンプルに湖周辺を散歩する。というコースも思い出になってなかなかオススメだと思いますよ。

軍艦島クルーズ情報

軍艦島クルーズできるツアー会社を4社比較してまとめてみた。
長崎市内中心部発着の軍艦島クルーズできる船会社を4社厳選した比較記事です。そのうちの3社には実際ツアーに参加し、その時の感想なども書いています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク