諏訪の池でバス釣り。サクッと◯ンジュウキュウcmゲット!


趣味はバス釣り!とかいいながら、半年ブリの釣行となりました。ということで、今年初のバスフィッシングなのです。

なぜ、急にバス釣りに出かけたのかといえば…
先日、飲みに行った際にお友達とバス釣りの話しをしていたら、ボクも無性に釣りがしたくなったのです。そうです!行動力はあるのです。(こんな時だけ)


フィールドの写真を撮り忘れたので、上の写真はGoogleさんからお借りしました。現在の諏訪の池の状況は、歩いて1周できないぐらい増水しています。

水の状況は、諏訪の池らしく濁りが入っていて、場所によっては水がとても悪い場所もあります。

フィールドに着きルアーケースの中を見てビビったのですが、この時期に使えそうなプラグが入ってない…。
思いつきで、ロッドとバッグを担いでやってきたので、使えそうなルアーはタックルボックスの中!(自宅)そうです、最後に釣りをしたのが昨年の11月なので、秋の装いでやって参りました(爆)

あるルアーで勝負じゃ!というワケで、過去にも実績のある場所からスタートしたのですが、お気に入りのルアーが2個無くなっただけでノーバイト!オレのルアー返せ(爆)

ルアーが無くなると心穏やかではいられないのですが、ここは冷静にフィールドの様子をチェック!

バス釣りは自然との対話(←臭うぞ)

フィールドを見渡し、耳も澄ませて状況を確認します。
あれ、遠くからチョロチョロと水が流れる音が聞こえてくるよ!(←いっこく堂風に読んでください)

ということで、流れ込みに移動します。

流れ込みに水草が絡んだシャローエリア!ご飯食べたいバスちゃんは、間違いなく待機してるでしょ!今でしょ!ということで、キャスト開始。

岸際の浅いエリアからサーチするも無…。
少し沖側もチェックしてみることに。沖側にキャストすること数投目!

ルアーが水草に引っかかったところで少し止め、水草からルアーを外した瞬間にコンっと軽いバイトが!ここは、一気にフッキングするかと思いきや慎重に巻き合わせ!

慎重に巻き合わせしたのが功をそうしたのかロッドに重みが。「よし!フィッシュ!」3メートルぐらい巻いたところで、念のためにもう一度グイッと合わせを入れておきます。

お久しぶりのバスちゃんのファイト!あまり引かないけれど、そこそこデカそう。岸に近づくにつれて、相手も本気で逃げにかかります。

そこは、オレの方が一枚上手!無駄に、1年間で100日以上強行釣行した過去を持つオレ様に叶う筈もありません(爆)←どんだけ暇なん?

そんなこんなで、半年ブリのバス仕留めたりぃー!


うわぁーガリ痩せやん。バス界のアンガールズですわぁー!
ということで、アフター気味のガリ痩せバスでした。


お腹ペッコりでご飯食べれてないのかな?ご飯と思って食べたのが、ボクがキャストしたルアーだったと思うと心が痛いのですが…

でも、写真は撮るよねぇー!ということで、セルフタイマーショット。
ボクが、神なのは理解しているつもりなんだけど、後光指しすぎ(激爆)


40センチちょいだろうと思いながらも、いちおう計測を!
みんな、メジャーのメモリ見えてる?見えてる?

何かの間違えではないかと、何度も測りなおしました。目の錯覚ではないかと、何度も目をこすりました。そして、このブログを書きながら、左目に違和感を感じています。目に、ばい菌入ったかも(爆)

諏訪の池(中池)での自己最高記録は、確か46cmだったか48cmだったか…
ヤベェ本気で忘れちゃいました。

そんなこんなで、ココで50cmオーバーのバスを釣ることをむかーしからの目標にしていたワケなのですが、みんなメモリ見えてる?

49cmでした。ヨンキューでした。あと、1cm!無念

40前半サイズと思っていたので、メジャーにのせたときは本当にビビりました。ガリ痩せで持った感覚もすごく軽いし、まさか50近くもあるとは思いもしませんでした。念のために測るもんですね!

本日は2時間のチョイ釣りだったのですが、結局この1匹しか釣ることができませんでした。うーん、やっぱ腕が鈍ってるわ!本来のオレなら、2時間あれば良型を3匹は釣ってるんですがね。(←本当かよ!)

ということで、あっという間の2時間だったけど、やっぱりバス釣り楽しいです。このブログ読んで、バス釣りの興味を持った若くてカワイイ女子限定でバス釣りレクチャーしちゃいます!貴女も釣りガールになろう(激爆)

スポンサーリンク

本日のタックル

軍艦島クルーズ情報

軍艦島クルーズできるツアー会社を4社比較してまとめてみた。
長崎市内中心部発着の軍艦島クルーズできる船会社を4社厳選した比較記事です。そのうちの3社には実際ツアーに参加し、その時の感想なども書いています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク