福岡・長崎から対馬までの飛行機・フェリー・高速船でのアクセス方法

スクリーンショット 2017 05 19 17 58 33

長崎・福岡から対馬までの飛行機・フェリー・高速船でのアクセス方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

飛行機

長崎空港発

長崎空港から対馬空港までは、月・火・水・木・土が1日4往復8便。金・日が1日5往復10便運行しています。

※時期により1日1往復2便の場合あり!

【時刻表】(長崎発)

便名ORC051 長崎空港(8時20分)→壱岐空港(8時55分)

便名ORC053 長崎空港(11時20分)→壱岐空港(11時55分)

便名ORC055 長崎空港(13時55分)→壱岐空港(14時30分)

便名ORC057 長崎空港(15時15分)→壱岐空港(15時50分)

便名ORC059 長崎空港(17時40分)→壱岐空港(18時15分)

便名ORC061 長崎空港(18時55分)→壱岐空港(19時30分)

【時刻表】(対馬発)

便名ORC052 対馬空港(9時15分)→長崎空港(9時50分)

便名ORC054 対馬空港(12時15分)→長崎空港(12時50分)

便名ORC056 対馬空港(14時50分)→長崎空港(15時25分)

便名ORC058 対馬空港(16時10分)→長崎空港(16時45分)

便名ORC060 対馬空港(18時35分)→長崎空港(19時10分)

便名ORC062 対馬空港(19時50分)→長崎空港(20時25分)

上の時刻表はすべてのフライトを書き出したものです。
この時刻表の中から時期や曜日ごとに1日2便〜5便で運航しています。

運賃は9950円〜15850円、所要時間は35分です。

なお、一部特定の日が特別運賃になる「早得」というお得な航空券の販売もあります。

長崎と離島を結ぶ航空会社ORCのウェブサイトはこちら→ORIENTAL AIR BRIDGE

福岡空港発

福岡空港から対馬空港までは、ANAが1日4往復8便を運航しています。

【時刻表】(福岡発)

便名ANA4931 福岡空港(7時50分)→対馬空港(8時25分)

便名ANA4933 福岡空港(11時25分)→対馬空港(12時05分)

便名ANA4937 福岡空港(15時00分)→対馬空港(15時35分)

便名ANA4939 福岡空港(18時15分)→対馬空港(18時55分)

【時刻表】(対馬発)

便名ANA4932 対馬空港(8時55分)→福岡空港(9時25分)

便名ANA4934 対馬空港(12時35分)→福岡空港(13時05分)

便名ANA4938 対馬空港(16時05分)→福岡空港(16時35分)

便名ANA4940 対馬空港(19時25分)→福岡空港(19時55分)

運賃は9200円〜15900円、所要時間は30分です。

詳しくはANAのウェブサイトをご確認ください。

フェリー・ジェットフォイル(高速船)

ジェットフォイル

【時刻表】(博多港発)

113便 博多(10時30分)→対馬厳原(12時45分)

118便 博多(17時25分)→対馬厳原(19時40分)

【時刻表】(対馬厳原発)

121便 対馬厳原(6時45分)→博多(9時00分)

124便 対馬厳原(13時15分)→博多(15時30分)

※すべての便が壱岐を経由します。

【旅客料金】

6330円

フェリー

厳原港発着

【時刻表】(博多港発)

218便 博多(00時05分)→対馬厳原(4時45分)

212便 博多(10時00分)→対馬厳原(14時45分)

【時刻表】(対馬厳原発)

224便 対馬厳原(8時50分)→博多(13時25分)

227便 対馬厳原(15時25分)→博多(20時10分)

【旅客料金】

1等 5300円

2等指定席 4480円

2等 3660円

【車両料金】

3m未満 16660円 

3m〜4m未満 22220円

4m〜5m未満 27780円

(運転者1名に限り2等船室無料)

博多・対馬を結ぶ海運会社九州郵船のウェブサイトはこちら→九州郵船

比田勝港

【時刻表】(博多港発)

411便 博多(22時30分)→対馬比田勝(4時20分)

【時刻表】

421便 対馬比田勝(15時05分)→博多(20時55分)

【旅客料金】

2等 4390円

【車両料金】

3m未満 18610円 

3m〜4m未満 24230円

4m〜5m未満 30280円

(運転者1名に限り2等船室無料)

博多・対馬を結ぶ海運会社九州郵船のウェブサイトはこちら→九州郵船

まとめ

飛行機は長崎空港と福岡空港から、それなりの本数が運航しているようですね。

海路の場合は、高速船が2時間15分、フェリーが5時間50分所要時間がかかるようです。

どうしても車で行きたい!という理由以外の場合は、飛行機か高速船が費用対効果がいいように思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク