福岡・佐賀・長崎から壱岐までの飛行機・フェリー・高速船でのアクセス方法

スクリーンショット 2017 05 17 14 04 15

テレビで壱岐を特集した番組が放送されていて、ボーッと見ていたら旅行してみたくなったので、壱岐へのアクセス方法をまとめてみた。

福岡・佐賀・長崎発着で調べてみたので、最寄りのアクセスしやすい方法で壱岐にお出かけしてみてほしいと思う。

スポンサーリンク

飛行機

長崎空港発

長崎空港から壱岐空港までは1日2往復4便が運航しています。

長崎空港発 7時50分→壱岐空港着 8時20分
15時55分→壱岐空港16時25分
      (17時10分→壱岐空港着 17時40分)

※午後便は時期や曜日で出発時間に違いがあるので注意!

壱岐空港発 8時40分→長崎空港   9時10分
      15時55分→長崎空港着 16時25分
      (17時10分→長崎空港着 17時50分)

※午後便は時期や曜日で出発時間に違いがあるので注意!

運賃は7200円〜10100円、所要時間は30分です。

なお、一部特定の日が特別運賃になる「早得」というお得な航空券の販売もあります。

長崎と離島を結ぶ航空会社ORCのウェブサイトはこちら→ORIENTAL AIR BRIDGE

フェリー・ジェットフォイル(高速船)

福岡発

博多発壱岐行きのフェリー・ジェットフォイル(高速船)は出航時間によって到着する港が違うという特徴があるので注意が必要です。

フェリー

【時刻表】

博多港(00時05分)→壱岐(芦辺) (02時15分)

博多港(10時00分)→壱岐(郷ノ浦) (12時20分)

博多港(13時45分)→壱岐(芦辺) (15時55分)

博多港(20時35分)→壱岐(郷ノ浦) (22時55分)

【旅客料金】

1等 2800円

2等指定席 2390円

2等 1980円

【車両料金】

3m未満 9170円 

3m〜4m未満 12240円

4m〜5m未満 15290円

(運転者1名に限り2等船室無料)

ジェットフォイル

【時刻表】

博多港(8時00分)→壱岐(郷ノ浦) (09時10分)

博多港(10時30分)→壱岐(芦辺) (11時35分)

博多港(15時45分)→壱岐(郷ノ浦) (16時55分)

博多港(17時25分)→壱岐(芦辺) (18時30分)

【旅客料金】

4040円

佐賀発(唐津東港)

フェリー

【時刻表】

唐津東港(08時40分)→壱岐(印通寺港) (10時25分)

唐津東港(10時20分)→壱岐(印通寺港) (12時05分)

唐津東港(13時20分)→壱岐(印通寺港) (15時05分)

唐津東港(15時30分)→壱岐(印通寺港) (17時15分)

唐津東港(18時20分)→壱岐(印通寺港) (20時05分)

【旅客料金】

2等 1900円

【車両料金】

3m未満 7200円 

3m〜4m未満 9680円

4m〜5m未満 12030円

(運転者1名に限り2等船室無料)

博多・唐津〜壱岐を結ぶ海運会社九州郵船のウェブサイトはこちら→九州郵船

まとめ

飛行機は長崎空港からのみ運航。

ジェットフォイルは博多港からのみ。

フェリーは博多港と佐賀の唐津東港から発着している。

フェリー・ジェットフォイルを利用予定の方は、出航する港や出航時間で到着する港が違うので要注意!

きちんと到着する港を確認しておかないと、レンタカーを受け取る港を間違っていた!なんてことになりかねないので気を付けましょう。

軍艦島クルーズ情報

軍艦島クルーズできるツアー会社を4社比較してまとめてみた。
長崎市内中心部発着の軍艦島クルーズできる船会社を4社厳選した比較記事です。そのうちの3社には実際ツアーに参加し、その時の感想なども書いています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク