長崎街道を歩く2日目 矢上宿から永昌宿まで約16キロの旅

DSC00467

長崎街道を歩くPart2!
前回は、長崎市内にある「長崎街道ここに始まる」の石碑がある、新大工商店街の入口からスタートして日見峠を越え矢上宿まで歩いた。そして今回は、矢上宿から永昌宿までの旅だ。

スタート地点は前回の到着地点の矢上神社からだ。境内まで登って旅の安全祈願をしようと思ったら、地元の小学生が写生大会をしていたので、一の鳥居で軽くお辞儀をしてスタートした。

DSC00469
矢上神社をスタートして少し歩いたところで交差点に差し掛かる。

DSC00468
ここは長崎街道と島原街道が交差したところだ。あとで詳しく書くが、長崎街道を坂本龍馬が歩いた。と言われている、龍馬が歩いた長崎街道はここ矢上宿から長崎の街までだ。龍馬は島原から長崎入りした説が有力とされている。

DSC00470
先ほどの交差点から長崎街道を進み、少しだけ道を左にそれると教宗寺がある。ここ教宗寺はシーボルトが立ち寄った寺として有名だ。

そして1728年に象が一夜をすごしたそうだ。清の貿易商が八代将軍徳川吉宗に献上するために長崎に上陸した象が長崎街道を通り江戸へ向う途中、教宗寺に立ち寄ったそうだ。

DSC00471
教宗寺を後にして長崎街道を進む。

教宗寺から少し歩くと国道34号線に出る。横断歩道を渡り直進する。

DSC00472
先ほどの横断歩道を渡り直進すると八郎川に突き当たる。写真の橋渡ったところを左折して川沿いを進む。

残念ながらこのあたりは、宅地造成工事のため長崎街道は残っていない。

DSC00473
川沿いを進んでいると道路にでる、たけがわ犬猫病院の先から左に入るとここから長崎街道へ戻る。

DSC00474
たけがわ犬猫病院から少し歩いたところで右側へ坂道を登る。

DSC00475
坂道から今度は左へ。

DSC00476
高速道路の下を通りさらに進む。

DSC00477
以前このブログでも紹介したアトリエパティオの前を通りすぎると川に出る。橋を渡ってまっすぐ進む。

DSC00478
役行者神社がある。役者の道を目指す人がお参りするといいことがありそうな気がする。「えんのぎょうじゃ神社」と読むらしい。滑舌も良くなりそうだ。

DSC00481
役行者神社から少し進んだところに「従是南佐嘉領」の石碑がある。ここまでが佐嘉領でこの先は旧大村領古賀村地へと入って行く。

DSC00482
川沿いを進んでいると分かれ道があった。ここは右斜め上へ進む。

DSC00485
住宅地を進むともう一度川沿いに戻ってくる。そして「けいしょうあんばし」という橋を渡る。

DSC00488
先ほどの橋を渡って向かい側にあるのが福端寺だ。ここにはキリシタン墓石が今も残っている。

DSC00487
寺の脇に案内板があった。

DSC00490
福端寺から少し歩いたところで交差点に差し掛かる。ここを直進する。

DSC00491
長崎街道を歩いていると道の上に国道34号線が通っていた。

あの道の真下が長崎街道だったのか!と新たな発見が出来るのも歩き旅のいいところだ。

DSC00492
また川に差し掛かり、橋を渡って左へ進む。

DSC00493
なにやら写真で見たことにある場所にたどり着いた。

DSC00496
古賀の藤棚に到着した。

DSC00495
矢上宿を出発してちょうど休憩したいと思ったところで藤棚に到着した。当時も休憩所になっていたようだ。

DSC00497
藤の咲く頃にもう一度来てみようと思った。

DSC00494
古賀人形は名前だけは聞いたことがあったが、ここで小川さんと言う方が作っているようだ。

DSC00498
藤棚から進むとすぐに交差点に差し掛かる。ここを右へ曲がる。

DSC00499
リサイクルセンターの脇に長崎街道の案内標識がある。

DSC00500
少しだけ脇道へそれて旧本田家住宅へ行ってみることに。

DSC00501
長崎にも茅葺き屋根の住宅があったんだな。

DSC00502
推定建築年代が17世紀末から18世紀中期とかヤバい!。

DSC00503
一応、中を見学出来るようだ。

DSC00504
当たり前だが、いろりもある。

DSC00505
天井を覗いてみたり。

興味がある方はお立ち寄ってみてほしい。

DSC00507
旧本田家住宅から長崎街道に戻ってきて街道沿いを歩いていると長崎自動車道の下を2回通る。案内板があるので案内のとおりに進む。

DSC00510
井樋ノ尾峠の入口に「従是東佐嘉領」と刻まれた石碑がある。

DSC00508
諫早に入ったあたりから、多良見ライオンズクラブの名前が入った案内板などが目につくようになった。ありがたい。

DSC00511
諫早市教育委員会の案内板も設置してあった。

DSC00512
井樋ノ尾峠の手前で道がわからなくなったんだが、畑作業をしているおじいさんに道を教えてもらってなんとか間違わずに進むことができた。っていうか、おじさんから「長崎街道やろ?あっちあっち!」と道案内してくれた。地元の人の優しさに感謝。

要所要所に案内板が出てはいるんだが、分かれ道が多いところもあり何度か引き返したこともある。事前の調査が大切だと実感する。

DSC00513
そうそう!この手前の道でおじさんに道案内してもらった。案内板から左へ行けば長崎街道だから!とのこと。

DSC00514
この橋の手前には民家があり、ここ本当に通っていいのかな?と思いながら進むと長崎街道の石碑があったので間違ってはいなかった。

DSC00515
山道を進む。

DSC00516
山道を登り切ったところに長崎街道の石碑がある。

DSC00517
後ろを振り返るとこんな感じの道だ。蜘蛛の巣が多いので、少しながい枝を拾って蜘蛛の巣をよけながら進む。

DSC00518
左手にある家の犬に吠えられながら、ここを右へ進む。

DSC00520
先ほどの分かれ道から10分ほど歩いてところに「長崎街道御駕篭立場の碑」がある。

DSC00521
ここにも多良見ライオンズクラブの案内板があった。

DSC00522
「長崎街道御駕篭立場の碑」から5分ほど歩いたところに「清水神宮」がある。

DSC00523
ここには湧き水が流れていたので手を洗わせてもらった。冷たい水で手を洗っただけで気分もスッキリして元気がでてくる。

DSC00525
清水神宮からすぐのところで分かれ道がある。ここは右へ進む。どちらに行っても同じ道になるが、いちおう長崎街道沿いを出来る範囲で忠実に進みたい。

DSC00526
郡境の石碑がある。

DSC00527
ここに峠の茶屋があったという。

DSC00528
長崎街道はここから久山へ向けて下り坂となる。

DSC00529
上から覗き込むと山道のようなので蜘蛛の巣回避の枝を現地調達する。

DSC00530
急な下り坂であるが、石が敷いてあり濡れてなければ下りやすい道だった。

DSC00531
峠の茶屋から山道を下ったところに長崎街道の石標があった。

DSC00532
久山旧茶屋の案内板もあり。

DSC00534
ながい下り坂を歩いていると井戸がる。

DSC00535
久山茶屋跡に到着。この井戸を龍馬の井戸と呼ぶ人もいるらしいが・・・
案内板に坂本龍馬と思われる絵も書いてある。

しかし、坂本龍馬は島原に上陸して島原街道の抜け道である千々石道を通り矢上宿に入り、そこから長崎街道を歩いた説が有力とされている。ということで、龍馬をここを通っていない。

まぁ、諸説あり!ということでよくわからないが・・・

DSC00537
久山茶屋跡から更に坂道を下っていくと橋があり、県道に出る。ここを左へ県道沿いを歩く。

DSC00538
県道沿いに長崎街道の案内板もあった。

DSC00539
さっきまで山の中を歩いていたのですごくツマラナイ道程だ。

DSC00540
何やらタヌキの看板を発見!

DSC00541
たぬき絵巻通り?なにやら楽しそうな街道だ。

DSC00542
地下道に続く道へとくだっていく。

DSC00543
地下道の壁に絵がたくさん描いてあった。

DSC00544
蛍茶屋の一の瀬橋!ここ歩いてきた。

DSC00545
象も歩いた長崎街道!

長崎街道の出来事などが描かれていて、とても楽しい地下道だ。疲れていた身体が一気に元気になった。

久山町町づくり委員会のみなさんの取り組みはとても素晴らしい!

DSC00546
町でまんじゅう買うて
日見で火もろうて
矢上で焼いて
古賀でこんがらがして
喜々津で切って
久山でうち食うた

この文字を見たときに、スゲー懐かしい!と声を出してしまった。子供のころ歌っていた記憶がある。しかし、ボクの記憶には「喜々津で切って」という歌詞がすっぽりと抜け落ちている。

すごく気になったので帰ってきてググッてみると・・・
下のYouTubeが見つかった。


この歌でも「喜々津で切って」の部分が省略されている!すごく気になる。喜々津で切ってはどこ行った?

ということで、この長崎わらべうたが長崎街道のことを歌っていたのだと、このとき初めて知ったわけなのだが、長崎街道は喜々津通らんしな・・・

と思いながら謎が深まるばかりだ。そして、この動画の撮影場所は先ほど紹介した「旧本田家住宅」ではないだろうか?ということで先に進む。

DSC00547
地下道の出口に長崎街道の宿場が全部書いてあった。今、永昌宿を目指しているので、まだまだ先はながい。また少し元気がなくなった(笑)

DSC00549
地下道を出ると分かれ道になるのでここを右へ進む。

DSC00550
赤松坂に到着した。

DSC00552
坂を登りきったところに赤松があったのが赤松坂の由来らしい。

DSC00553
現在も昔の面影を残した坂道になっている。ここでも蜘蛛の巣対策として現地で棒を入手した。

DSC00554
別名、苔の道だ。現在も岩には苔が生えて滑りやすくなっている。

DSC00556
赤松坂を登りきったところにも石碑がある。

DSC00558
赤松坂を登りきると左へと進む。

DSC00559
しばらく進むと貝津の工業団地が見えてきた。

DSC00561
信号に出るので、ここの横断歩道を渡ってまっすぐ進む。

DSC00562
高速道路の高架下をくぐると信号に出る。ここを渡って左へ。

DSC00563
ここからは残念ながら工業団地の建設で長崎街道が途切れているので、工業団地の中を通る。

DSC00564
コーラの自動販売機があるところから工業団地の中へ入る。

DSC00565
工業団地の中ですが長崎街道の看板が設置してある。

DSC00566
コーラの自動販売機から入って突き当りまで行き、ここを左へ曲がる。

DSC00567
水色っぽい建物に(有)秀工社と書いてあるところから右へ入る。

DSC00568
秀工社からまっすぐ進むと突き当たるのでここを左へ曲がる。

DSC00569
長崎街道に戻ってきました。ここからは道なりに進む。

DSC00571
旅の途中に馬に水を与えたところだと言われている「お馬の水」に到着だ。

DSC00570
現在も湧き水がでている。

DSC00572
県総合農業試験場の裏手にでてくる。ここでも長崎街道が途切れているので敷地内の道沿いを歩く。

DSC00573
途中、案内板もあるので道に迷うことはないと思う。

DSC00574
佐代姫橋を渡る。

DSC00577
橋を渡ってすぐのところに「さやんごぜん」がある。

DSC00575
案内板も設置してある。

DSC00579
「さやんござん」から5分ほど歩くと長崎街道と島原街道の分かれ道がある。

DSC00578
この看板にも龍馬が歩いてとされる道が書いてあるが、例の井戸は通ってないことになっている・・・

DSC00580
ここを左へ進む。

DSC00581
信号が変わりそうだったのでダッシュしたため写真が取れませんでしたが、ボクは向かい側の坂道を下ってこちら側に横断歩道を渡りました。目の前の道は国道34号線だ。

DSC00582
横断歩道を渡ったところに階段があるのでくだる。

DSC00583
JRの線路の下をくぐる。

DSC00584
階段を登るとまっすぐ歩く。

DSC00585
先ほどのJRの線路下から歩くこと15分。大通りに出るので向かい側に渡り右へ進む。

DSC00586
ながさき看護センターの看板から斜め左へ坂道を登る。

DSC00592
ながさき看護センターの看板から歩くこと5分。永昌宿跡の碑へたどり着いた。

DSC00591
ここの石碑は見えにくい場所にあるので目を凝らして歩こう。

DSC00587
今日の目的地がやっと見えた。この階段を下ったところが今日の目的地だ。

DSC00588
階段を下ったところに長崎街道の大きな看板が設置してある。

DSC00589

スポンサーリンク

さいごに

長崎街道を歩く2日目!無事に目的地に到着することができた。県総合農業試験場あたりで、あと少しで到着するな!と思ったのだが、そこからの道程がながく感じた。無理せずに歩こうとは思っていたが、なんせ移動手段が徒歩なので、途中でやーめた!という訳にはいかない。ということで、必然的に目的地まで歩くことになるのだが、ウォーキング初心者なのでペース配分がわからずに、途中で何度か「ヤバい!」と思う場面もあった。

この記事を見て歩いてみようかな、と思われた方は水分をこまめに摂りながら、ペース配分を考えて歩いてほしいと思う。

歩行距離 16.5km
歩行時間 3時間53分

軍艦島クルーズ情報

軍艦島クルーズできるツアー会社を4社比較してまとめてみた。
長崎市内中心部発着の軍艦島クルーズできる船会社を4社厳選した比較記事です。そのうちの3社には実際ツアーに参加し、その時の感想なども書いています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク