長崎県庁の展望台は夜21時まで利用可能。花火観賞は当日整理券を配布!

Fullsizeoutput 17a
長崎県庁の展望室・展望テラスに行ってきました。

12月24日の見学会のときは、あまりの人の多さに展望室・展望エリアの見学は諦めていたので、あらためての訪問です。Fullsizeoutput 18e
まずは、長崎県庁正面入口から入り右手奥のエレベーターで8階まで。

Fullsizeoutput 18c
エレベーターを降り、右手に行けば展望室、左手に行けば、すぐに展望テラスに出ることができます。

Fullsizeoutput 17b
まずは展望室へ。

11時頃に行ってみたのですが、ソファに座ってお喋りしていたのは、女性が2名だけでした。

すでに穴場感ありの場所です。

Fullsizeoutput 17c
日当たりも良いので、お天気の良い日に小説などを持ってきて、読書などを楽しむのもありっぽいです。

Fullsizeoutput 188
自動販売機も設置してあるので、カフェ代わりにもなるかも。

Fullsizeoutput 180
展望室から見渡せる範囲の観光施設や名所など、番号を振って説明書きがされています。

観光客の方で、稲佐山に行く時間がない!って人は、長崎県庁の展望室から長崎市内を見渡してみるのもありです。

Fullsizeoutput 181
展望テラスへ出てみました。

展望テラスの一番先端から長崎港を見た図です。

遠くには、女神大橋や松が枝国際ターミナルに停泊中の大型クルーズ客船を見ることもできます。

右手には、三菱重工長崎造船所、世界遺産のジャイアント・カンチレバークレーンも見えます。

Fullsizeoutput 182
稲佐山方面を見ると、長崎市内で一番背の高い建物(たぶん。新しい原爆病院も結構高いですよね)タワーシティ長崎がすぐ目の前に。

(気になったので調べてみたら、タワーシティ長崎は平成22年時点で長崎県内で一番高いビルらしいです。地上28階、地上高95メートル)

Fullsizeoutput 183
旭大橋、浦上川上流を見た図です。

Fullsizeoutput 184
五島町、元船、夢彩都方向を見た図です。

Fullsizeoutput 18b
長崎駅方向を見た図です。

長崎駅裏、ゴリゴリ工事中です。

ということで、ほぼ長崎市中心部をぐるりと見渡すことができます。

Fullsizeoutput 18d
展望室がある、8階にも男女トイレありますので、ゆっくりと景色を楽しむことができますよ。

そして最後に、花火があがるときなど、特別に展望室・展望エリアを開放することがあるのですか?と1階の受付の人に聞いてみたところ「現時点では未定です。花火大会など、イベントなどの開催が迫ってきた頃に何かしらの発表があると思います」との回答でした。

きっと、問い合わせなどが多いのでしょう、慣れた感じの対応だったので、検討中といったことろでなないかと思われます。

現時点、展望室・展望エリアは平日7時から21時・休日9時から21時まで利用することができるそうです。

花火観覧について長崎県より発表がありました


2018年4月21日(土)・22日(日)20時30分から打ち上げ花火があがります。

それにともない、先着150名を長崎県庁の展望テラスから花火を見ることができるそうです。
(無料整理券は当日18時30分から長崎県庁1階で配布されます)

詳しくは長崎県のウェブサイトよりご確認ください

軍艦島クルーズ情報

軍艦島クルーズできるツアー会社を4社比較してまとめてみた。
長崎市内中心部発着の軍艦島クルーズできる船会社を4社厳選した比較記事です。そのうちの3社には実際ツアーに参加し、その時の感想なども書いています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする