川棚大崎温泉 しおさいの湯家族風呂をご紹介!

dsc03333

しばらくお休みしていた日帰り温泉家族風呂特集の再開です。

夏に温泉に入るのがあまり好きではないため、秋口から春にかけての企画となっております。そんな日帰り温泉家族風呂特集も今回で第9弾となりました。

今回は長崎県東彼杵郡川棚町にある「川棚大崎温泉しおさいの湯」をご紹介します。

川棚大崎温泉は川棚駅から車で約10分(5km)の場所にあり、くじゃくで有名な大崎自然公園の手前にあります。

ハウステンボスから車で約25分(12km)と意外と近く、ハウステンボスで楽しんだあとに、ゆっくり温泉に入って疲れを癒やして帰る。というコースもおすすめです。

dsc03315
川棚大崎温泉の家族風呂は4部屋あり(1部屋バリアフリー)午前10時から午後10時まで利用できます。

受付で家族風呂が利用できるか聞いてみたところ、「空いているので利用できます。しかし、お湯を張るのに20分お待ちください」という案内でした。

事前に電話で予約できるか確認しなかったのですが、もし予約できるのであれば予約したほうが待ち時間の短縮になります。

川棚大崎温泉しおさいの湯には、リラックスルームや休憩室の他、休憩テラスという小串浦を一望できるウッドデッキがあり、20分程度の待ち時間であれば、のんびりゆったりとできるので、待ち時間もストレスにはなりませんでした。

ということで20分待って案内されたのは「さくらの湯」という家族風呂です。

dsc03317
入口を入ってすぐの写真です。

dsc03318
脱衣カゴが2つ。至ってシンプルですね。

dsc03319
過去に8回家族風呂の記事を書いていますが、折りたたみ式のベビーベッドがある家族風呂は初めてでした。

家族風呂にベビーベッドがあると、赤ちゃん連れのご夫婦も安心して利用できるのでいいですね。

dsc03320
家族風呂にトイレがあるとポイント高いです。

川棚大崎温泉しおさいの湯の家族風呂には、きれいに掃除された清潔なトイレがありました。

dsc03323
しかし残念なポイントもあり、アメニティ関連は何もありませんでした。気持ちだけでも置いてあると少しは違う印象になると思うのですが・・・

dsc03324
ドライヤーはあるけどヘアーブラシは見当たりません。

僕は薄毛なのでドライヤーだけでパッパと乾きますが、女性はブラシあった方がいいですよね。

dsc03326
冷房は完備です。

湯張りスイッチをオンにしておけば、数分おきに新しいお湯がそそがれる仕組みになっていました。

写真の真ん中にある回せるつまみ。回すと音楽が流れそうな気がしたんだけど、回してみてもうんともすんとも言わず。壊れているのか、僕には聞こえない何かが流れていたのか・・・

dsc03321
前置きがながくなりましたが、いよいよ浴室のご紹介。

露天ではなく室内のお風呂になりますが、窓を開けることができるので自然の風を感じながら入浴できます。

dsc03322
洗い場は浴槽のすぐ横にあります。

dsc03329
椅子と洗面器が2セットありますが、シャワーのノズルは1本です。

dsc03328
残念ポイント。リンスインシャンプーです。

髪の毛キシキシがイヤな人は、愛用のシャンプーを持参しましょう。

dsc03330

川棚大崎温泉しおさいの湯の泉質は無色透明のお湯でした。

温泉特有の硫黄のニオイも強くありません。

dsc03332
温泉分析書の写真を貼っておきますので、温泉に詳しい方は成分をみて「なるほろ!しおさいの湯はこういう泉質か!」と分析してみてクサイ。

dsc03331
家族風呂から眼下に見下ろす海はとても穏やか。

穏やかな海ではマリンスポーツが盛んなのか、時折ウィンドサーフィンを楽しんでおられる方が家族風呂の前を通りすぎて行きます。

もしかしたら、僕のおっぱい見られてるかもしれない。というドキドキした気持ちで入る温泉がサイコーに気持ちよかったです。

入館料が500円で家族風呂の料金が1000円です。お一人様なら1500円で温泉が1時間楽しみたい放題ですよ。

長崎県東彼杵郡川棚町小串郷237
TEL:0956-82-6868

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク