長崎茶寮川徳に行ってみた。

DSC_1626
長崎市田中町にあった海転寿司川徳の跡にできた「長崎茶寮 川徳」に行ってみました。

DSC_1618
まずは外から店内を偵察してみることに。

なんぞぉオサレな雰囲気でゆっくり食事ができそうです。

DSC_1623
いざ入店して席に案内してもらうと、窓の外にはミドリが見えます。

DSC_1621
ランチメニューです。

DSC_1620
ディナーメニューと一品料理です。

DSC_1622
カフェーメニューです。

長崎茶寮川徳のメニュー表は、ランチ・ディナー・カフェの順番でメニューが掲載されています。

夜に行ってもランチメニューが最初に掲載されているので、はじめて行った人にはとてもわかりにくいメニュー表です。

店員さんから「今の時間帯はこちらのメニュー表から選んでください」と一言案内があればいいのですが、メニュー表を「ドン」と置いて、あとは勝手に選んでね。という、とても不親切な対応なので、選んでいる途中でこのページのメニューは今の時間帯はダメだ!ということに気が付きます。

僕のとなりに座った女子グループもランチメニューを開いてメニューを決めようとしていましたが、「あっ!ここのページはランチメニューだからダメじゃねぇ?」と後ろのメージをめくっていました。

あと、メニューの選択肢はかなり少ない印象です。さらに値段設定はお高め。

DSC_1625
茶寮の天串御膳1700円+税

DSC_1624
彩り寿司御膳2300円+税

2016年5月30日にオープンしたそうですが、7月末の時点でクレジットカードの利用はできませんでした。「まだ利用できないんですよ」と店員さんが言っていたので、そのうち利用できるようになるのかな。

レジがiPad+iPhoneだったけど、そんなのどうでもいいから、お客さんが利用しやすいようにクレジットカードを利用できるように早急に対応するとかできないもんですかね。

関連ランキング:カフェ | 肥前古賀駅現川駅

スポンサーリンク

近くだったら「市むら」オススメですね

軍艦島クルーズ情報

軍艦島クルーズできるツアー会社を4社比較してまとめてみた。
長崎市内中心部発着の軍艦島クルーズできる船会社を4社厳選した比較記事です。そのうちの3社には実際ツアーに参加し、その時の感想なども書いています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク