長崎で生け簀のある居酒屋「むつ五郎」のランチが人気!

Fullsizeoutput 318
「いけ洲居酒屋むつ五郎」には、ずいぶん昔のことだけど夜に行った記憶がある。

そんな「いけ洲居酒屋むつ五郎」のランチに行ってみようと思ったきっけかは、「長崎グルメの食べ比べ」さんのこの記事

そう言えば「むつ五郎」ってあったなぁ。と存在を思い出したところ。

そして「長崎グルメの食べ比べ」さんの記事の熱量に引っ張られる形で、この度ランチへ行ってきました。

いけ洲居酒屋むつ五郎

Fullsizeoutput 305
ランチメニューは7種類用意されています。

1番人気 天ぷらがメイン 昼膳(880円)茶碗蒸し付き(1000円)

2番人気 お刺身たっぷり 刺身膳(880円)茶碗蒸し付き(1000円)

3番人気 ちらし寿司と天ぷらのセット ちらし寿司御膳(880円)茶碗蒸し付き(1000円)

その他にも 

さば味噌煮御膳(880円)茶碗蒸し付き(1000円)

鶏唐御膳(880円)茶碗蒸し付き(1000円)

白身フライ御膳(880円)茶碗蒸し付き(1000円)

塩さば御膳(880円)茶碗蒸し付き(1000円)

Fullsizeoutput 304
その他にも観光客にもオススメできそうな、あら煮がセットになった豪華な御膳 いけす膳(2268円)

小さな子ども連れも安心のお子様膳(648円)

その日のオススメの刺身がたっぷり海鮮丼(880円)茶碗蒸し付き(1000円)

女将さんが食べたい内容で考えた、よくばり御膳(2160円)

と、魚料理をメインにバラエティ豊かなランチメニューになっています。

Fullsizeoutput 307
店内は広々、座敷からテーブル席、カウンターまで少々混んでも大丈夫なぐらい広いお店です。

カウンターの前には生け簀が広がり、天井に斜めに設置された鏡には、生け簀で気持ちよさそうに泳ぐ魚を眺めることができます。

Fullsizeoutput 30b
店員さんに注文すると何やら2つの容れ物を持ってきてくれました。

佐賀産焼海苔 自家製明太子 の文字。

Fullsizeoutput 30d
注文して待つこと約10分。若干、待ち時間が長く感じてしまった。

注文したのは、白身フライ御膳茶碗蒸し(1000円)

ご飯、味噌汁、お刺身、すり身、メインの白身フライにプラスした茶碗蒸しの豪華御膳。

Fullsizeoutput 310
店員さんにお聞きしたところ、メインの白身フライは「カレイ」を使っているそうです。

揚げたてホクホクの魚フライがとても美味しく、「待ち時間少しなげーなぁ」と思ったことを反省。

白身フライとタルタルソースの相性はサイコーですね。

Fullsizeoutput 312
すり身揚げ。

こちらもアツアツの出来たてが提供されました。再び、「待ち時間少しなげーなぁ」と思ったことを反省。

すり身揚げもとても美味しく、「すり身揚げ御膳」が成立してもおかしくないレベルの味。

Fullsizeoutput 30e
お刺身が若干元気なかった。でも贅沢言わない。

だってタコの刺身に酢味噌という組み合わせを久しぶりに食べてとても美味しかったから。

Fullsizeoutput 30f
あおさと豆腐の味噌汁もあおさのおかげで風味があり美味しかった。

Fullsizeoutput 316
御膳(880円)に120円プラスすることで食べられる茶碗蒸し。

缶コーヒー1本分の120円でセットに出来るので、ぜひ食べてほしいです。

Fullsizeoutput 314
自家製明太子も美味しくご飯がすすみます。

Fullsizeoutput 315
むつ五郎のマークがプリントされた佐賀産の焼海苔。

Fullsizeoutput 317
完食。

この日は12時少し前に入店したんだけど、僕の後を追うように続々とお客さんが入店してくる。

ちょうど、お昼休憩に入ったであろう近所のサラリーマンやOLさん、お一人様のオッサンからご家族連れまで。

僕が知らなかっただけで、はっきり言って人気店です。

料理も味もたいへん美味しく大満足でした。
(たぶん、また行くと思う)

あっ。さいごに一言。
クレジットカード利用可能!のマークがあったので、「カードで!」と言ったらカードのご利用は2000円からです。と断られてしまった。

「いけ洲居酒屋むつ五郎」
長崎市八幡町9ー8
営業時間 (昼)11時〜14時 (夜)17時〜22時
電話 095-826-6560

軍艦島クルーズ情報

軍艦島クルーズできるツアー会社を4社比較してまとめてみた。
長崎市内中心部発着の軍艦島クルーズできる船会社を4社厳選した比較記事です。そのうちの3社には実際ツアーに参加し、その時の感想なども書いています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする