野母崎方面へドライブする時に注意するべきこと!


(写真はイメージです)

写真の人がナニをしているか、私にはサッパリわかりません。どーもボクです。
ボクは、車でのドライブやバイクでのツーリングが大好きなのです。運転免許証もゴールカードで、いつも安全運転を心掛けています。

スポンサーリンク

スピード注意!

多くのドライバーさんは、交通ルールを守り日々安全運転を心掛けていると思います。違反運転をしてやろう!だなんて思いながらハンドルを握っているのは、極限られた残念なドライバーだけでしょう。

交通違反をしてしまう人の多くは、ついうっかり!というパターンがほとんどだと思われます。走りやすい道路だったため、ついうっかりスピードがでてしまった。などなど。

そこで、タイトルの通りですが、野母崎方面へドライブする時に特に気をつけて運転してほしい場所をみなさんにお知らせしたいと思います。


写真は江川交差点です。この信号を右へ曲がると、三菱重工香焼造船所や伊王島へ行く道路になります。野母崎方面へ行くには、江川交差点を直進します。ここ、江川交差点にきたらスピードを抑えてください。


江川交差点を通りすぎると、下り坂の向こうに一直線が見えています。こういう直線が見えれば、誰もがアクセルを踏み込みたく気分になりますが、ここではアクセルではなくブレークを軽く踏むぐらいの気持ちでいてください。下り坂なので、自然とスピードが出てしまいがちですが、スピードメーターを確認し法定速度を超えていないかを確認しましょう。


この写真は進行方向を逆から撮影したものです。写真の上が江川交差点です。前の写真で説明した、下り坂の途中に変な機械を置いた変なおじさんがイスに座ってスタンバイしています。そのおじさんがナニをしているのかボクにはわかりません(爆)その先に赤い旗を持った変なおじさんがいますが、安全運転を心掛けているみなさんには関係のないお話し!目を合わせることなく直進しましょう。


ここで、ちょっとブレイクタイム!写真は、三和町のコメリのすぐ近くにあるセルフスタンドです。多くの離島がある長崎県ですが、離島へのガソリン輸送にコストがかかるため、ガソリン価格の平均値段が日本一高いことで有名です。

そこで、少しでも安くガソリンを入れたいのはみなさん同じだと思います。上のガソリンスタンドは、長崎市内のガソリンスタンドの価格よりも1リットルあたり10円ほど安く給油できます。(ボクが給油した当時)
長崎市南部在住の人に聞いてみると、地域では間違いなく1番安い!ということでした。よかったら、通りがかった時に寄ってみてください。きっと満足いただけると思います。

では、本題に戻ります。野母崎方面へ行く時には、もう1ヶ所気をつけてほしい場所があります。次の場所では、実際にボクが変なおじさんに捕らえられた場所です(爆)


続いての場所は、三和行政センターの先にあるファミリーマートの少し先です。写真の信号を右へ曲がれば、晴海台への道です。野母崎方面へ行くには、ゆるやかに左カーブを曲がります。ここで注意してほしいのは、この道の制限速度は40キロだということです。布巻の交差点までは、制限速度が50キロなのですが、ガソリンスタンドから右へ(交番の方へ)曲がった道から40キロ制限がはじまります。


写真は先ほどの写真にある信号をゆるやかに左カーブしてきたところです。下り坂になっていますので、スピードがでてしまいがちですが、スピードメーターを確認するなどの注意が必要です。赤い矢印のところにこれまた変な機械を設置した変なおじさんが隠れていますので、ブレーキを踏んで速度を落とし安全に通行してください。


もしあなたが安全運転を心掛けることなく、速度を超過して走行した場合、矢印のところから赤い旗を持った変なおじさんが出てきて大変な目に合うこと間違いありません。

如何でしたか?今回、お知らせした場所以外にも変なおじさんが隠れている場所があるかもしれません。せっかくドライブに行く途中に、変なおじさんに捕らえられてしまうのはみなさんイヤですよね!ドライブやツーリングは、テンションがあがってスピードもだしがちになってしまいますが、「どっかのブログで読んだな!」と、この記事のことを思い出していただき、スピード控え目安全運転でドライブ、ツーリングを楽しんでいただきたいと思います。

関連記事

軍艦島クルーズ情報

軍艦島クルーズできるツアー会社を4社比較してまとめてみた。
長崎市内中心部発着の軍艦島クルーズできる船会社を4社厳選した比較記事です。そのうちの3社には実際ツアーに参加し、その時の感想なども書いています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク