伊王島に行くときは、魔の直線に気をつけよ!


免許証の色はゴールド!です。
ゴールド免許になる前は、ブルー免許の5年後更新という凄くレアな免許証を持っていたこともあります。というのはどうでもよくて、今日は魔の直線道路のお話です。『魔のカーブ』とは、よく聞くワードですよね。あそこのカーブではよく事故が起こる!なにかヤバいのではないか(非科学的に)などなど、見通しの悪いカーブなどでは事故が起こりやすいものです。

スポンサーリンク

スピード注意!

『伊王島に行くときは魔の直線に気をつけよ!』カーブではなく、なぜ直線なのか。答えは簡単!直線はスピードが出やすいから注意が必要なのです。以下、写真を参考に説明います。


伊王島に行く途中の香焼町です。写真の橋を見て、大体の場所はお分かりいただけると思います。
緩やかな右カーブを曲がったら、登り坂になり橋が見えます。


次の写真です。登り坂を登りきると、今度は下り坂になり左手に海が見えてきます。


緩やかな右カーブを曲がりながら、下り坂を下りきると左手には海!道路は一直線です。完全にスピードが出る環境が整いました。ここで問題です。この道の制限速度は何キロでしょう?

答えは2枚上の写真にあります。制限速度は40キロです。


うっかりスピードを出しすぎて走行してしまうと、副島商店の看板が見えた時には、あなたの人生を左右しかねない大変なことが待っているかもしれません。

そして、なんとこの場所は反対側(対向車線)から走ってきても似たような道路条件になっています。


よって、伊王島から長崎市内の方へ走行してきた場合は公園の先で、あなたにとってとんでもない不幸が待っている可能性があります。

なにが言いたいのか!そこは察してください(爆)
いや、冗談抜きでせっかくのドライブの時なんかに、楽しい雰囲気を壊したくないじゃないですか!交通事故なども、うっかりした不注意やスピードの出しすぎが原因の場合が多いと聞きますので、皆さん自動車やバイクの運転は、ぜひ安全運転でお願いします。

関連記事

軍艦島クルーズ情報

軍艦島クルーズできるツアー会社を4社比較してまとめてみた。
長崎市内中心部発着の軍艦島クルーズできる船会社を4社厳選した比較記事です。そのうちの3社には実際ツアーに参加し、その時の感想なども書いています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク