ハウステンボス大ゆり展6月18日から7月19日まで開催!

DSC03204
ハウステンボスでは6月18日(土)より「大ゆり展」が開催されます。

ハウステンボス宮殿がゆりの芳しい香りに包まれる特別な期間。と題して日本最多300品種のゆりを観賞することができます。

「大ゆり展」はハウステンボス内、大きくわけて2つのエリアで開催されています。開催場所などを詳しく説明します。

スポンサーリンク

パレスハウステンボス

DSC03202
まずは1ヶ所目はパレスハウステンボス。ハウステンボスのマップで説明すると右上にある一番奥の施設です。

パレスハウステンボスは入館料が必要なので注意が必要です。
(散策チケットをお持ちの方600円、パスポートをお持ちの方400円、満喫チケットをお持ちの方無料)

パレスハウステンボスはオランダの宮殿を忠実に再現しているので一見の価値あり。そんな場所で「大ゆり展」は開催されています。

DSC03198
宮殿の前庭に咲き誇るゆりの花。

DSC03184
近づいてみるとたくさんのゆりに圧倒されます。

DSC03182
品種名も書いてあります。

DSC03190
パレスハウステンボスの中には、高さ3メートルのゆりのタワーも!

DSC03194
他にもゆりを使ってフラワーデザインなどもあります。

DSC03203
パレスハウステンボスの入口では、ゆりの販売もおこなわれています。

アムステルダム広場

DSC03206
2ヶ所目はアムステルダム広場です。ハウステンボスのマップで説明すると、ちょうど地図の中央、ピンク色の番号がふってあるエリアがアムステルダムシティ。その中心にあるのがアムステルダム広場です。

DSC03205
アムステルダム広場のゆりは、パレスハウステンボスのゆりとは少し違った雰囲気です。こちらはこちらで見応えあり!

DSC03207
もちろん品種名も書いてあります。

DSC03210
まさに異国情緒。長崎県にいながら海外の雰囲気を味わうことができます。

DSC03213
現在ハウステンボスではあじさい祭も開催中なので、ここアムステルダム広場では、ゆりとあじさいのコラボレーションを見ることができます。

年間パスポート会員になってちょこちょこ来るようになったハウステンボス。一年中満開の季節が続く花の王国では、本当に癒やされてストレス発散になっています。特に何かをするわけじゃないんだけど、花を見たりただ一人で歩いたりベンチに座ったり、幸せそうなカップルを眺めているだけで、癒やし効果があると思う。

皆さんも、ハウステンボスに癒されに行ってみてはいかがでしょうか。ハウステンボスの「大ゆり展」は6月18日(土)から7月19日(火)まで開催しています。

ハウステンボス大ゆり展⇒イベント情報

軍艦島クルーズ情報

軍艦島クルーズできるツアー会社を4社比較してまとめてみた。
長崎市内中心部発着の軍艦島クルーズできる船会社を4社厳選した比較記事です。そのうちの3社には実際ツアーに参加し、その時の感想なども書いています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク