サーモスの山専用ボトル900mlを購入してみた!

DSC00968
水筒を購入しようと思い、まず頭に浮かんだのがサーモスというメーカーだ。娘の部活用の水筒もサーモスだし、ホームセンターなどの水筒コーナーでもサーモスの商品はよく目にするからだ。

メーカーはサーモスに決めた!ということでサーモスの中でも見ためも格好良くて使い勝手も良い水筒を探していると「山専用ボトル」と聞いたこともない単語が目に飛び込んできた。

「山専用ボトル」格好良いのかダサいのか、よくわからいワードではあるが調べてみることにした。

山専用ボトルとは、アウトドアを趣味としている人たちに広く支持された水筒ということがわかった。特に登山をする方には定番の商品らしく、朝から熱湯を水筒に入れ6時間後の水温がなんと80度以上をキープスするというなんとも凄い商品であることがわかった。

登山では山頂で湯を沸かしてカップラーメンを食べる人も多いそうだが、お湯を沸かすのが面倒くさい。という人は山専用ボトルからカップラーメンにお湯を注ぎカップラーメンを作るらしい。冬山だろうが十分カップラーメンが作れるほどの温度を保っていると言うから驚かされる。

最近は趣味で長距離歩く街歩きもしているし、登山にもほんの少しだけ興味があるから、温かい水や冷たい水を長時間キープできる水筒は魅力的だ!ということで山専用ボトルを購入してみた。

山専用ボトルには500mlと900mlの2種類があり、今回は900mlを購入してみた。
カラーは、ライムグリーン・ブラック・バーガンデイーの3種類ある。

DSC00969
購入したカラーはライムグリーンだ。全体的は色はシルバーで水筒の上下にアクセント的にグリーンが使ってある。

箱に同梱されているのは、水筒本体と取扱説明書だ。

DSC00970
蓋は回して取り外しできるタイプだ。もちろんコップ代わりに使うこともできる。

DSC00971
中栓も回して開け閉めするタイプだ。

DSC00972
注ぎ口の栓の下にもう1つ中栓がある。

DSC00973
下の中栓も取り外しすることができる。

DSC00974
下の中栓を取り外すと氷を入れることもできる。

DSC00975
中栓を2つ並べてみた。中栓にはパッキンが付いてある。もちろんパッキンは取り外しでき洗うこともできるので衛生面も心配ない。

DSC00980
各パーツは単体で購入することも可能だ。パッキンなどは1年周期での交換を推奨している。

DSC00977
衝撃を吸収してくれるボディリングも取り外して洗うことができる。

DSC00979
同じくソコカバーも取り外し可能だ。

DSC00982
水筒単体の重量を計ってみた。380グラムとすごく軽い。

DSC00983
メーカー発表では390グラムになっているが、ボクの水筒は何かパーツのつけ忘れでもあるのだろうか?
それともメーカー発表の数値が謙虚なのだろうか?

ということで「山専用ボトル」の開封レビューでした。山専用ボトルというネーミングだけど、山だけではなく日常使いにもまったく差し支え無い商品だ。900mlは大きすぎるという方は500mlを購入してみたはいかがだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク