金比羅山山頂までの往復時間と服装と持ち物

DSC00125
先日、金比羅山に登ってきました。登るのにどれぐらいの時間がかかるの?と思った方もいると思うので往復の時間を計ってみました。
あと、その時の服装や持ち物など、まとめているのでよかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

金比羅山までの往復時間

のぼり道


東高下バス停から山頂までGPSで計測しました。

頂上までのみちのりが1.56キロです。所要時間が33分6秒でした。

途中写真を撮りながらゆっくり登りました。休憩中の時間も含まれています。

くだり道


山頂から東高下バス停までGPSで計測しました。

のぼりもくだりも同じ道を通っているので、くだりのみちのりも1.56キロです。

そしてこの記事を書きながらビックリしたので所要時間です。のぼりの所要時間が33分6秒でしたが、くだりのみちのりが33分7秒と1秒違いでした。

どれだけゆっくりくだって来たかがわかりますよね。

分銅不足の大人の足で往復1時間チョットなので、子供を連れて登ったりするのに丁度いい距離の山道だと思います。

ハイキングのときの持ち物


ボクが持って行ったのは、タオル・水・カメラ・携帯・温度計です。温度計はブログを書くときのネタ用です。

登山道から外れずに歩けば、金比羅山で迷ってしまうことはないと思います。ということで水とタオルあと頂上でお弁当を食べたい人はお弁当。それぐらいの持ち物でOKだと思います。

ハイキングのときの服装

DSC00121
金比羅山はとても登りやすい山なのでTha山登りという服装でなくてもいいと思います。ボクの場合は少しでも雰囲気を出すために、家にあった1番登山っぽい服装で登ってみました。

9月の初めに長袖は暑いだろうな。とは思っていたのですが、途中、蚊がとても多い道があったので長袖着てきてよかったと思いました。

DSC00118
ボクは登山靴を持っていません。ダナーライトというワークブーツを履いていきました。

登山にダナーライトを使っている人もいるのかな?と思ってググってみました。ダナーライトで登山をしている人もいるようですが、どちらかと言えば酷評されている記事の方が多かったようです。

金比羅山はスニーカーで登っても全然OKな道程ではありますが、足首まであるハイカットの靴を持っている方はそちらを履いて行った方がいいと思います。

「持って行けばよかった」と思ったもの

虫除けスプレー!もうこれ1点ですね。9月初旬なので蚊がすごかった。疲れた休憩!と思って立ち止まると虫が総攻撃してきます。

長袖・長ズボン着用なので顔の周りを集中して攻撃してきます。露出している顔の周りだけでも虫除けスプレーを噴射していれば、かなり快適にハイキングを楽しむことができると思います。

関連記事

金比羅山にハイキング?登山?に行ってみた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク