24時間座っていても疲れないイスは、東海道新幹線の運転席の椅子にも採用されていた!(RECAROレカロ 24Hオフィスチェア)


会社のイスがボロい!ということで、仕事中にイスのことが話題になりました。どんなイスがいいだろう?という話になり、ボクが今までで見たイスの中で1番高級そうなイスの話をしたら、会社の人がすぐにネットで調べてくれました。

その高級そうなイスを見たのは、長崎市消防局の通信指令室でのことです。娘の小学校での行事で、消防局を見学に行ったときに発見しました。通信指令室の中に入ることはできませんが、窓越しに中を見学することができ、見たこともないような上等のイスだな!と思い記憶に残っていたのです。

指令室の勤務形態を聞くと、24時間勤務というではありませんか!途中、仮眠時間などがあるとは思いますが、文字通り1日中椅子に縛られた状態のようです。24時間座っていられるイスってどんなイス?興味ありませんか?

そのイスがコチラ!

スポンサーリンク

RECAROレカロ 24Hオフィスチェア


車のシートで有名な、あのレカロシートが作った椅子でした。その名も『RECAROレカロ 24Hオフィスチェア』24Hということで24時間座っても疲れない!ということなのでしょう。

着座時の背骨の形状を、腰に最も良いとされるS字へと自然に導くさまざまな機能が充実。

世界から「疲れ知らず」と賞賛されるカーシートメーカーであるレカロの“着座”に対する歴史と哲学と技術が腰の疲労を軽減し、腰痛を予防します。

全国30カ所以上の消防本部指令室に採用されているほか、東海道新幹線「のぞみ」700 / 500 / 800系運転席のベースでもあるRECARO 24H CHAIR。

長時間、座り続ける仕事に就く多くの方々から信頼され、各方面での導入が進んでいる“プロ志向”のオフィスチェアです。

上記にあるように、やっぱり消防本部指令室に採用されていました!しかも、東海道新幹線にも使われいるようですね。自宅にいながら、新幹線の運転座席の感覚を味わえますね。鉄道マニアのあなた!1脚いかがでしょうか?


説明を読んでみると、とてもよさそうな椅子ですね。結論としては、とてもウチの会社では買えないね!ってことで話は終わってしまいましたが、従業員さんを愛してやまないそこの社長さん!大切な社員のために椅子を買い換えてみてはいかがでしょうか?

すぐに購入できるようにリンクを貼っておきました(笑)ファブリックとレザーがありますので、購入の際はお間違えのないように!

軍艦島クルーズ情報

軍艦島クルーズできるツアー会社を4社比較してまとめてみた。
長崎市内中心部発着の軍艦島クルーズできる船会社を4社厳選した比較記事です。そのうちの3社には実際ツアーに参加し、その時の感想なども書いています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク